PR

2024隅田川花火大会スカイツリーからの観覧方法は?料金や申込方法も!

お役立ち情報

7月の最終土曜日、7月27日(土)に開催される『第47回隅田川花火大会』を東京スカイツリーから見ることができるチケットが販売されます。またオフィシャルホテルでも、ホテルからゆったりと花火鑑賞が出来るプランも出ていますので、そのプランについてもお伝えしていきます。

2024隅田川花火大会スカイツリーからの観覧方法は?

隅田川の花火大会にあわせて東京スカイツリーでは、眼下に花火が見ることが出来る展望台の鑑賞チケットが販売されます。販売方法は、いくつかありますが、まずは抽選販売情報をお伝えします。

東京スカイツリー公式サイトの抽選販売は2024年6月10日(月)12時から始まり6月30日(木)の24時までの15日間です。募集人員は『320名』で、昨年2023年の当選倍率は、募集500名に対して約80,000人の応募があり『159倍!』という倍率でしたので、当選するにはハードルが高いですね。

当選者の抽選結果発表は、7月3日(水)で公式サイトからメールで通知が来ます。1回の申込で5名まで申込可能、6歳以下の未就学児童については、1組2名まで無料ですので、お子様連れで行かれる方には、とても優しくなっています。

販売価格は、1人『12,000円』で、『展望デッキと展望回廊の入場券、フロア345での1,000円分利用券』が含まれています。公正な抽選ですので期間内に申し込めば、問題ないと思いますが、鑑賞希望の方は、忘れないうちに早めに申し込みをした方が良いでしょう。

2024隅田川花火大会がスカイツリーから観覧できる宿泊プランは?

隅田川花火大会に程近いホテルではそれぞれ、花火鑑賞の宿泊プランで出ていますが、スカイツリーのオフィシャルホテル『東武ホテルレバント東京』の宿泊プランは、スカイツリーからの観覧チケット付きが発売されます。記事などを見ると『20名』と少ない募集数ですので、非常に高い倍率になるでしょう。

宿泊日は、花火大会当日7月27日で販売開始日は、6月10日(月)の12時からで、2名1室の宿泊料金は、総額で『70,000円』です。スカイツリーの観戦チケットが1人『12,000円』2人で『24,000円』ですので、実質の宿泊料は、1人23,000円ですので思ったよりは高くないかもわかりませんね。

あくまでスカイツリーからの観覧で、ホテルの部屋からは建物の工場上、隅田川花火大会は見ることが出来ないそです。

2024隅田川花火大会がスカイツリーから観覧できるレストランの特別プランは?

東京スカイツリー内にあるレストラン『Sky restaurant 634ムサシ』でもディナーを楽しみながら隅田川花火大会を鑑賞できるプランが出ています。詳細は6月7日(金)にレストランの公式ウェブサイトで発表されます。

予約開始は、6月27日(木)からとなっています。昨年2023年のディナー付き鑑賞券の値段は、『2名』『4名』『6名』のプランがあり、すべて1人11,000円です。花火はレストラン内の特設観覧席や展望デッキ、展望回廊から見ることが出来ます。

1つだけ注意点があり、天候により視界不良が発生した場合でもキャンセル不可ですので、これは運を天に任せるしはありませんね。また1つ目の花火が打ち上がった瞬間にこのプランが成立するという事ですので、1つ目の花火が打ち上がる前に中止になった場合は、プランは不成立になります。

2024年の隅田川花火大会を美味しいディナーと共に、楽しみたい方は6月27日の販売開始に必ず予約をしましょう。2024年のこのプランは電話のみの予約受付で、募集人員は『70名』でした。

2024隅田川花火大会がスカイツリーから観覧できるカードキャンペーンは?

『東京ソラマチと東武カードのキャンペーン』は、50組100名が当選するキャンペーンでしたが、2024年度分のエントリーは終了しています。これは『TOBU POINTアプリ』に登録した東武カードの利用が10,000円毎に1口応募できるというもので、最大10口まで応募可能でした。

キャンペーン期間は5月19日(金)から7月2日(火)でしたが、すでに応募数が上限になったようで、エントリーは締め切られていますので、また2025年のキャンペーンを期待しましょう。

まだ申し込み可能なプランもありますので、詳細を各サイトでチェックして申し込みをして下さい。年に1度のイベントですので、滅多に見ることが出来ない東京スカイツリーからの隅田川花火大会を観覧したい方は忘れずに申し込みをして下さい。

 

近隣ホテルの観覧宿泊情報はこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました