PR

築地市場跡地に建設予定の施設は?スタジアム以外の施設情報も!

お役立ち情報

【最新情報】築地市場跡地の再開発が発表されました。読売新聞もこのプロジェクトに参加しているという事で、『東京読売ジャイアンツ』のホームスタジアムが、東京ドームから移転するのではないかと噂されています。

ここにはスタジアムだけではなく、ホテルや商業施設の建設予定ですので、その施設情報をお伝えしたいと思います。2030年代前半の完成ということですので、今から急ピッチで建設が進んで行くでしょう。

新しい地下鉄や高速もこの再開発に合わせて出来るようなので、これらのインフラについても記事内でご紹介します。東京駅からも程近い築地の再開発は、また新しい東京のスポットが増える事になりますので、今から完成がとても楽しみです。

築地市場跡地に建設予定スタジアムの特徴は?

  • 収容人数: 約5万人。コンサートの場合はアリーナ席が増えるのでもう少し増えるかもわかりません。
  • 屋根: 開閉式で天候に左右されないスタジアム建設が予定されています。
  • 機能: スポーツイベント、コンサート、国際会議など様々な用途に対応。プロ野球チームの本拠地になる可能性も!
  • その他: VIPラウンジ、レストラン、グッズショップなどを併設。お金があればゆっくりVIPラウンジでスポーツ観戦!

築地市場跡地スタジアム以外の施設は?

  • MICE施設: 国際会議や展示会に対応できる大規模な施設。東京国際フォーラムのような施設かと思います。
  • ホテル: 複数棟の高層ホテル
  • オフィス: 企業のオフィス
  • 商業施設: ショッピングモール、レストラン、カフェなど
  • 文化施設: 美術館、劇場など
  • 教育施設: 大学、専門学校など
  • 住居: 賃貸マンション、分譲マンションなど。一体いくらで販売されるのか興味津々です。
  • 緑地: 公園、広場などは、最近の新しい施設では、とても重要な要素です。

開発によって期待される効果は?

  • 観光客の増加: 年間2000万人の観光客誘致を目指している
  • 地域経済の活性化: 新たな雇用創出や周辺地価の向上
  • 国際交流の促進: 国際会議やイベントの開催
  • 東京の新たなランドマーク: 都心部に新たなシンボルの誕生

最新情報と予定されている新しい交通アクセスは?

東京都心部と湾岸分を結ぶ道路『環状2号線』が、全線開通した事で都心から築地市場跡地へのアクセスはものすごく良くなっています。晴海から虎ノ門まではトンネルや高架などの道路ですので、信号はなく、スムーズな走行が出来ます。

都心部の『環状2号線』は、そのほとんどが『外堀通り』です。実はこの道路は東京オリンピックに向けて開発が進められた道路でしたが、築地市場の豊洲移転問題などがあったため、完成はオリンピックに間に合っていません。

ただ、今回の再開発にとっては、追い風となる道路ではないでしょうか。東京駅から国際展示場までの区間に新しい地下鉄『臨海地下鉄』も計画されています。この地下鉄の完成予定は、2040年頃となっていますので、まだ先の話になりますね。

こちらも道路と同じく、築地市場跡地に程近いエリアを通り、新駅も出来る予定です。車でも電車でもアクセスが良い立地条件です。他にも将来を見据えて、空飛ぶ車の発着場や船着場の建設も予定されています。

まとめ

築地市場跡地は、今後、東京の新たな中心地となることが期待されています。スタジアムをはじめとする様々な施設が整備されることで、観光客やビジネス客が集まる活気あふれる場所となるでしょう。今後も、この大規模な再開発事業の進捗に注目していきたいと思います。新しい東京の『ランドマーク』となる施設になる事でしょう。最近の東京はほとんどの駅が再開発によって、新しい街が生まれていますが、果たしてそれら全てが成功するかは、疑問も残ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました