PR

朝ドラまんぷくのあらすじは?即席ラーメン誕生ストーリーをおさらい

テレビ
10月から再放送が始まった朝ドラ<まんぷく>。主人公の安藤さくらさん扮する<今井福子>が、長谷川博己さん扮する<立花萬平>が、夫婦二人三脚で即席ラーメンやカップヌードルを開発するストーリーです。
2018年の後期に放送された全99話の連続テレビ小説です。このドラマの時代背景やあらすじ、そして主要なキャストをご紹介します。
5年前に放送されたドラマで、まだ記憶に新しい方もいらっしゃると思いますが、<ネタバレ>も書いていますので新鮮な気持ちでご覧になりたい方は、時代背景や主要キャストの記事をご覧になって下さい。
詳細を書いてしまうと完全なネタバレになってしまいますので簡単にあらすじをご紹介します。
商売人を目指す立花萬平と、自立した女性今井福子の出会い、そして結婚から始まる物語です。
今井福子は、大阪で暮らす母子家庭で三姉妹の末っ子です。

2人の姉の結婚相手は、1人は画家で1人は大企業勤めとまるっきり正反対の旦那さんです。長女が結婚して家を出た後、1流ホテルで働きながら家計を支える福子は、ある日、青年実業家・立花萬平と出会う。萬平は、日本一の商売人を目指してさまざまな事業に挑戦していきます。

紆余曲折の後に辿りついた二人の夢は、戦争や不況にもめげずに、ラーメンで人々を幸せにすることでした。萬平は、ラーメンを世界中に広めたいと考え福子と一緒になってラーメン作りを学んで行きます。

さまざまな困難を乗り越えながら、ラーメン作りに情熱を注ぐ2人。そしてついに完成した「まんぷくラーメン」は、人々の心を満たしました。そのまんぷくラーメンは、たちまち人気商品となり、二人はラーメン業界のトップに上り詰めます。
そんな二人の姿は、人々に勇気と希望を与えました。<ラーメン>を通じて人々を幸せにするために努力する夫婦の姿を描いた作品が<まんぷく>です。そんな福子と萬平の姿は、私たちに勇気と希望を与えてくれる物語です。

朝ドラまんぷくの舞台や時代背景、そしてモデルは?

朝ドラ<まんぷく>の舞台は、日中戦争が始まった翌年の1938年(昭和13年)から、戦後の高度成長期である1970年(昭和45年)頃までのお話です。このドラマのモデルとなった<安藤百福>さんは、日清食品株式会社の創業者で、世界初の即席ラー麺である<チキンラーメン>や<カップヌードル>を開発されました。
日清食品はその後、皆さんもよくご存知のごまラー油が味の決め手の<出前一丁>やカップ焼きそば<U.F.O>、お蕎麦やうどんの<どん兵衛>、他にも<ラ王>シリーズなど、次々とヒット商品を生み出しています。
<安藤百福>さんは、1910年(明治43年)に台湾で生まれました。幼い頃にご両親を亡くされ祖父母に育てられたそうです。
祖父母は台湾で呉服店を営まれていました、その影響もあって22歳の若さで、繊維関係の商社を台北で設立して大成功を収めたそうです。1933年(昭和8年)、23歳の時に日本に移り事業を拡大し関西では名前を知らない人はいない実業家になりました。
<食の重要性>に気づく大きな転機となったのは、第二次世界大戦でした。戦後の日本は、食糧難で栄養失調で亡くなる方も大勢いました。そんな時、大阪駅近くの闇市にあったラーメン店に長い行列が出来ているのを見て<日本人の麺好き>を確信しました。
その後、信用組合の理事長を務めていましたが、経営破綻となり無一文になってしまいました。その時にラーメン店の長い行列を思い出し、即席ラーメンの開発に着手しました。
1958年(昭和33年)に袋麺の<チキンラーメン>を発売して大ヒット!1971年(昭和46年)に発売された<カップヌードル>もこれまた大ヒットしました。
<安藤百福>さんは、この<カップヌードル>は世界戦略も視野に入れて作ったそうです。海外に視察旅行へ行った際に、便利で手軽に食べられるようにするには袋麺ではダメだと考え、容器やフォークで食べられる<カップヌードル>が作られました。
独立心があり好奇心が強い<安藤百福>さん、様々な失敗や挫折にも負けない強い精神力の持ち主で、人のために役立ちたいという強い信念を持っている方でした。そんな百福さんと奥様の奮闘記が描かれているドラマが<まんぷく>です。

朝ドラまんぷくの主要キャストをご紹介!

朝ドラまんぷくの主要キャストをご紹介します。すでに登場した方や今後、出演される主要なキャストのご紹介になります。
<主人公>今井(立花)福子役  〜安藤さくらさん
<主人公のご亭主>立花萬平役  〜長谷川博己さん
<主人公の姉・長女>今井咲役  〜内田有紀さん 咲の旦那さんは大谷亮平さん
<主人公の姉・次女>幸田克子役 〜松下奈緒さん 克子の旦那さんは要潤さん
<主人公の母>今井鈴役     〜松坂慶子さん らんまんと繋がっていますね。
朝ドラ常連の浜野謙太さんや片岡愛之助さん、松井玲奈さんは1週目で既に出演されています。
今後、出演される俳優陣を一部ご紹介すると、桐谷健太さん、瀬戸康史さん、菅田将暉さん、岸井ゆきのさん、中尾明慶さん、牧瀬里穂さん、そして奥田瑛二さんと錚々たるメンバーが出演されます。
豪華俳優陣が、どんなシーンでどんなキャストとして出演されるのか、とても楽しみですね。一度、見ているのにすっかり記憶が飛んでいますので初めてみるような気持ちで見たいと思います。

まとめ

5年前の放送<まんぷく>を見られた方も多いと思います。私は、1つ前の朝ドラ再放送<あまちゃん>を都合3回見たのですが、全く色褪せることのない朝ドラで、3回目でも非常に楽しんで見ることができました。
人の記憶は曖昧で『え!こんな展開だった?』、『この俳優さんも出ていたんだ』と新鮮な気持ちで見ることができました、2回目の視聴になる<まんぷく>も前回の記憶を辿りながら、そして『こんな展開だったか〜』などと言いながら 半年間、楽しみに見たいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました