PR

成田山の穴場駐車場はどこ?イオン無料駐車場や格安駐車場情報も!

お役立ち情報

千葉県民ならば、年始の初詣以外にも車のお祓いやお守りを買いによく行く成田山新勝寺。JRや京成電鉄などの公共交通期間で行く場合は、参道のお土産屋や有名な鰻屋さんを見ながら成田山までの道程を楽しめます。

車で行かれる場合にどこの駐車場に駐車したら良いか? 悩まれる方がおられると思いますが、そんなお悩みを解消する穴場駐車場情報をお伝えします。

呼び込みがいる新参道沿いの駐車場は、1回800円の料金が掛かります。駐車時間にもよりますが、時間貸しの格安駐車場や買い物をすれば無料の駐車場なども近隣にあります。

そんなお得情報を成田山までの距離や駐車料金と併せて駐車場ごとに記事にしていきます。

参道入り口に程近い時間貸しのNaviPark

新参道沿いでは、成田山新勝寺の総門に一番近い駐車場で空車があれば、私はここに停めます。総門までは歩いても3分でとても利便性が良いです。

新参道沿いの駐車場は、ほぼ一律800円ですので、2時間以上滞在される方は、そちらの方が安い計算になります。お参りのみで1時間程度の滞在であれば、このNaviPark<1択>だと思います。8時から18時は、駐車料金が30分200円ですので、お参りのみで成田山までのアクセス重視であれば、ここに駐車しましょう。

市営東和田駐車場

成田山までは徒歩で14~15分と、少し距離があります。東京方面から国道51号で来られる方は、成田山入口の交差点を過ぎ、橋を渡って次の信号<東和田駐車場入口>を右折するとすぐ右手にあります。空港方面からは、国道51号に入って<東和田駐車場入口>の交差点を左折するとあります。駐車場の一番奥に駐車すると成田山には近くなります。歩行者専用の橋を渡るのが近道になります。

近くにうなぎで有名な<川豊 別館>や美味しいステーキが食べられる<フォルクス>などがありますので、お参りの帰りにこれらの店で食事をされる方は、この駐車場もありですね。この駐車場の最大のメリットは駐車料金です。24時間以内であれば、普通車は400円と破格なお値段設定です。

画像は、川を挟んで反対の岸から撮影した写真、そして成田山に向かう橋の写真、橋の上にある案内板の写真になります。

 

イオンタウン成田富里店

国道51号線沿いにあるイオンタウン成田富里店は、<成田山入口>の交差点角にあります。東京方面から成田山に行くにはこの<成田山入口>交差点を左折しますが、<イオンタウン成田富里店>へは、この交差点を右折してすぐ右手が駐車場入口です。初詣の時期は、この交差点付近から成田山まで渋滞しますし、国道51号も大渋滞になります。ここなら参道の渋滞待ちはありませんし、帰る時も楽ちんですね。

新参道をまっすぐ行けば成田山ですが、徒歩10分〜15分掛かりますので少々遠い位置にあります。イオンの他にも専門店街があり、うなぎの<新川>中華の<福泰厨房>とんかつの<新宿さぼてん>などがあります。

他にもリーズナブルに食事を済ませたい方は、<リンガーハット><はなまるうどん>などのチェーン店も出店しています。そして施設を利用する事で何と!駐車料金は無料です。必ず買い物か食事をしましょう。

自動車祈祷殿の駐車場

自動車祈祷殿で車のご祈祷をされる方は、祈祷後に駐車場がありますのでそこに駐車して成田山に行けば無料です。表参道側の本堂の入り口<総門>まで徒歩で10分前後掛かります。

新参道沿いには、お土産さんや時期によっては屋台や<成田ゆめ牧場>のお店もあるのでお祭り気分で歩くのも楽しいひと時です。自動車の祈祷をする時には、いつもこの駐車場を利用させてもらっています。

 

門前駐車場

新参道沿いにある<門前駐車場>や民間の駐車場は、どこに停めても800円の料金です。成田山まで徒歩5分圏内の駐車場が多く、長時間駐車するのであれば門前駐車場に駐車しても良いでしょう。

成田山プチ情報

成田山は、千葉県成田市にある真言宗智山派の大本山です。平安時代に平将門の乱を平定するため、寛朝大僧正によって弘法大師が開眼した御本尊不動明王を奉安したことから始まります。
源頼朝、水戸光圀、市川團十郎など、著名な人物も厚く信仰し、成田不動は庶民の信仰を集めました。成田のうなぎは、とても有名で表参道沿いの鰻屋さんでは、店先でうなぎを捌いているところを見ることができます。朝イチの整理券をもらう為に並ばないと食べられないお店もありますので要注意です。
また鉄道で行かれる方は、JR成田駅前から成田山に向かう表参道沿いには、様々なジャンルの食べ物屋さんがありますので、お参りに行かれた帰りに何を食べようか?思案しながら歩くのも楽しいです。大衆店から高級店までありますのでお財布と相談してお店選びをしてみて下さい。
成田山に匹敵する千葉神社の情報はこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました