PR

千葉県春の訪れを感じる絶景スポット10選は?訪問時期や見どころは?

お役立ち情報

まだまだ寒い日が続いていますが、少しずつ少しづつ春の足音が聞こえてきているように感じます。そんな春の訪れを感じることが出来る、絶景が見られる千葉県のスポットをご紹介します。どこも千葉県では有名なスポットですので、行動は早めにしましょう。

1. 菜の花畑とレトロな列車のコラボレーション:いすみ鉄道

房総半島の豊かな自然を縫うように走るいすみ鉄道は、春になると沿線一帯に広がる菜の花畑とレトロな列車のコラボレーションが楽しめます。特に、大原駅と上総中野駅間の約1kmは「菜の花ロード」と呼ばれ、一面に咲き誇る黄色い菜の花畑と走る列車の風景は圧巻です。菜の花の開花時期は例年3月中旬から4月上旬まで。菜の花畑を眺めながらのんびり列車旅を楽しみましょう。

2. 桜と海のコラボレーション:九十九里海岸

九十九里海岸は、約100km続く長い砂浜と青い海が魅力的な景勝地です。春になると、海岸沿いの桜並木が咲き誇り、桜と海のコラボレーションを楽しめます。特に、片貝海岸は桜の名所として有名で、約3km続く桜並木は圧巻です。夜になるとライトアップも行われ、幻想的な風景を楽しめます。桜の開花時期は例年3月下旬から4月上旬まで。

3. 房総半島の南端に咲く可憐な花:白間津の花畑

白間津の花畑は、房総半島の南端に位置する白間津海岸にある花畑です。春になると、菜の花、チューリップ、ネモフィラなど様々な花が咲き誇り、美しい景観を楽しめます。特に、ネモフィラの青い絨毯は圧巻で、多くの写真愛好家が訪れるスポットです。花畑の見頃は例年3月下旬から4月上旬まで。

4. 桜と菜の花の競演:佐倉ふるさと広場

佐倉ふるさと広場は、佐倉市にある公園です。春になると、園内の桜並木と菜の花畑が同時に咲き誇り、桜と菜の花の競演を楽しめます。また、広大な芝生広場では、ピクニックやバーベキューを楽しむこともできます。桜と菜の花の見頃は例年3月下旬から4月上旬まで。

5. 房総の早春を彩る花:菜の花畑と風車のある風景:あけぼの山農業公園

あけぼの山農業公園は、柏市にある農業公園です。春になると、園内の菜の花畑が咲き誇り、黄色い絨毯が広がります。また、園内には風車もあり、菜の花畑と風車の風景はまさに絶景です。菜の花の見頃は例年3月中旬から4月上旬まで。

6. 春の訪れを告げる花:芝桜とネモフィラの共演:富田さとにわ耕園

富田さとにわ耕園は、千葉市にある農業交流センターです。春になると、園内の芝桜とネモフィラが同時に咲き誇り、ピンクとブルーのコントラストが美しい景観を楽しめます。芝桜とネモフィラの見頃は例年4月上旬から下旬まで。

7. 房総の春を満喫:花と緑のテーマパーク:マザー牧場

マザー牧場は、千葉県富津市にある花と緑のテーマパークです。春になると、園内の様々な場所で花が咲き誇り、春の訪れを感じることができます。また、動物との触れ合いなど、様々なアクティビティを楽しむこともできます。

8. 歴史と自然が織りなす春の風景:成田山新勝寺

成田山新勝寺は、千葉県成田市にある真言宗智山派の大本山です。春になると、境内の約300本の桜が咲き誇り、壮観な景色を楽しめます。また、新勝寺のシンボルである三重塔と桜のコラボレーションも美しいです。桜の見頃は例年3月下旬から4月上旬まで。

9. 春の訪れを告げる花:菜の花と梅の競演:加茂農園

加茂農園は、千葉県鴨川市にある農園です。春になると、園内の菜の花畑と梅林が同時に咲き誇り、黄色とピンクのコントラストが美しい景観を楽しめます。また、菜の花畑を眺めながらのカフェタイムもおすすめです。菜の花と梅の見頃は例年3月中旬から4月上旬まで。

10. 房総の海と春の訪れ:菜の花と海の絶景:野島崎灯台

野島崎灯台は、千葉県館山市にある灯台です。房総半島の最南端に位置し、太平洋を一望できる絶景スポットです。春になると、灯台周辺の菜の花畑が咲き誇り、菜の花と海のコラボレーションを楽しめます。

野島崎灯台は、1874年に初点灯した歴史ある灯台です。高さは31.5mで、白亜の塔が美しい景観を創り出しています。灯台の周辺には、菜の花畑や展望デッキ、資料館などがあり、春には多くの観光客が訪れます。菜の花の見頃は例年3月下旬から4月上旬まで。菜の花畑を眺めながら、太平洋の雄大な景色を堪能しましょう。

心踊る春の訪れ、千葉県の絶景ポイントに行って自然が織りなす景色を堪能してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました