PR

朝ドラオードリー堺雅人は何話から出演?役どころやプロフィールも!

テレビ
xr:d:DAF9TNJ3pyQ:6,j:1268187072756214405,t:24040404

4月からNHK BSで始まった朝ドラの再放送『オードリー』は、今から24年前ほぼ四半世紀前の2020年後期に放送されたNHK朝の連続テレビ小説です。始まりは連ドラ恒例で、主人公『佐々木美月』の幼少期時代からスタートしました。

子役2名が出演されていたのでヒロイン役の『岡本綾さん』が出演されるまでは、もう少し時間がかかると思います。

美月が両親の反対を押し切り、大部屋女優になる大京映画が舞台になる回から出演される堺雅人さんが、何話から登場するのか?そして役どころやプロフィールも併せてご紹介します・

堺雅人さんの役どころと何話から出演?

堺雅人さんは大京映画の助監督『杉本英記』役で4週目の第19話から出演されます。小学校5年生の美月が大京映画へ見学に来ていた時、子役に抜擢したのが杉本で、これが2人の最初の出会いです。その後、大部屋女優として大京映画に入社した美月と杉本は、結ばれそうな展開になりますが・・・。横槍が入り、2人の恋は成就しません。

美月の相手役 堺雅人さん以外は?

錠島尚也役の長嶋一茂さんと中山晋八役の仁科貴さんが、堺雅人さん以外でヒロイン美月の相手役として出演されます。錠島尚也に美月は若い頃、最も入れ込んでいましたが錠島のたった一言が原因で、恋心が一気に冷めてしまいます。

中山晋八は美月とは幼馴染で、ドラマ後半に美月は、仕事がうまくいかずヤケ酒を飲むシーンで、ちょっとした告白をしますが、これも成就しませんでした。結局、ヒロインは結婚するのか?これはドラマを楽しみに見て下さい。

堺雅人さんのプロフィール

皆さんご存知かとは思いますが、簡単に堺雅人さんのプロフィールをご紹介します。

1973年10月14日生まれの50歳。奥様は女優の『菅野美穂さん』で、お子様は1男1女で2015年に長男、2018年に長女が誕生しています。まだまだお子様のために頑張っていかなければなりませんね。

兵庫県の神戸で生まれた堺雅人さんですが、幼少期に宮崎へ引っ越しして、高校まで過ごされました。早稲田大学に進学しますが、通産省の官僚になる夢を諦めて大学を中退し、役者の道へ。早稲田大学の演劇研究会が母体の劇団『オレンジ』の旗揚げに参加し、役者としての『堺雅人』が誕生しました。

今回、ご紹介する『オードリー』に27歳で出演されたのが、テレビでは最初のレギュラーで、ここから認知度も上がり2005年には雑誌の『好きな男性』ナンバー1にも選ばれました。

2008年には『宮崎あおいさん』が主演を務めたNHKの大河ドラマ『篤姫』に徳川家定役で出演、2013年からスタートした『半沢直樹』で大ブレイクし、直近の『VIVANT』でも主演を務められ、役者としての地位を揺るぎないものにしました。

朝ドラ『オードリー』は、NHK連続ドラマ小説としては第63作目の作品です。女優から実家『椿屋』の女将、そして映画監督への転身と波瀾万丈の人生を描いた作品です。

このドラマのモデルは脚本を手がけた『大石静さん』本人でしたが、少し複雑過ぎる家族構成の設定だった事から当時の朝ドラの視聴率としては、あまり良い数字では無かったそうです。ただし堺雅人さんや佐々木蔵之介さんなど若手俳優の出世作だったことは、疑いようはありません。

放送回数149話、約25週間ある放送です。24年前のまだ若い役者さんを初々しく思いながら、楽しみに見ていこうと思います。現在放送中の『虎に翼』は朝ドラ110作目で『オードリー』は63作目の作品でした。これを見ると月日の流れを感じますね。

朝ドラ『オードリー』のストーリー紹介やキャスト紹介の記事はこちらから。長嶋一茂さんの情報記事はこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました