PR

世界陸上2025東京のマラソンコースは?観戦穴場スポット情報も!

スポーツ

34年ぶりに東京で世界陸上の開催が決定した2025年世界陸上競技選手権大会、メインとなる会場はもちろん新国立競技場で、開催期間は2025年9月13日から9月21日までの9日間。

2020年(開催は2021年)の東京オリンピックでは、マラソン競技が暑さ対策の為、札幌で行われましたが、今回は東京の街を走る事が決まっています。そこでこのマラソン競技のコースを予想しました。競技観戦の穴場スポットも紹介します。マラソン競技だけではなくメダルが期待できる競歩競技も同じコースで開催予定です。東京での開催は34年ぶり、日本での開催は2007年の大阪大会以来18年ぶりと久しぶりの日本開催が楽しみですね。

今回は9月開催という事で暑さも幾分和らいでいるのではないか?ということもあり東京でのマラソン&競歩の開催になったようです。ただ今年のような暑さが続くと選手の身体への負担が少々心配になりますので、大会関係者には、暑さ対策をしっかりとして欲しいです。

 

2025世界陸上東京のマラソンコースは?

2025年世界陸上東京のマラソン&競歩コースはまだ発表されていませんが、毎年行われている東京マラソンのコースと東京オリンピックで予定されていたコースを参考にして予想します。

当初予定されていた、東京オリンピックのマラソンコースは、国立競技場を出発し、東京都心の名所を巡るコースでした。コースはアップダウンが少なく、フラットな道が続くため、記録が出やすいコースになります。

2025年の世界陸上は、9月中旬に開催される予定ですが、この時期は、東京でも残暑が残る可能性があるため、熱中症対策が重要になるでしょう。

スタートとゴールは国立競技場で決定だと思いますので、東京湾岸を周回するコースを基本としつつ、暑さ対策がどのように施されるかが課題になります。

具体的には、以下のコースが考えられます。

• 国立競技場を出発し、皇居の北側にある外堀通りを東へ進む。
• JR中央・総武線の水道橋駅、東京ドームを過ぎて南進し東京駅、浅草、そして東京タワー付近で折り返し。
• 東京タワーからは、皇居を通り国立競技場へ戻るルートが有力です。

このコースは、フラットな道が多く記録が出やすいコースですのでスピード勝負のレースになり事が予想されます。また、皇居外苑や東京湾岸など、東京の代表的な観光スポットを巡るコースであるため、観客の方々も競技を楽しみつつ景色も楽しめるコースになるのではないでしょうか。

 

毎年開催されている東京マラソンのコースは?

東京マラソンのコースは、スタート&ゴール地点:東京都庁前で皇居外苑、日本橋、銀座、東京タワー、レインボーブリッジ、お台場などを巡るコースです。東京オリンピックで予定されていたコース同様でアップダウンが少なく、フラットな道が続くため、こちらも記録が出やすいコースとして知られています。

コースの最終的な決定は、日本陸連や世界陸連によって行われるものであり、上記のコースとは異なる可能性もあります。しかし、東京オリンピックや東京マラソンのコースをベースに、暑さ対策を施したコースが採用される可能性が高いと考えられます。

2025世界陸上東京のマラソン&競歩、観戦の穴場スポットは?

前回の東京オリンピックで予定されいたコースになった場合、レース展開を見ながら、3回観戦できる場所が2ヶ所あります。そのひとつが「神保町交差点」で、もう一つが「日本橋交差点」になります。
スタート直後の選手たちや中盤から後半にかけての選手たちの駆け引き、そして終盤を迎えてゴールに向かって最後のメダル争いをしている選手たちを見ることができます。まさにこの2ヶ所が観戦のベストスポットと言えるでしょう。
東京の観光名所も楽しみつつマラソン観戦も楽しみたい方は、「雷門」「スカイツリー」「東京タワー」「皇居」で観戦されたらいかがでしょうか。
「東京タワー」と「皇居」の周辺は、インスタ映えしますし、沿道のスペースは比較的余裕があるようですので、レースをじっくりと観戦する方には良い観戦場所です。見る場所によっては2回選手を見られます。
電車移動で何ヶ所も回りたい方には、地下鉄大江戸線移動で国立競技場前→赤羽橋→国立競技場前や地下鉄銀座線移動で外苑前→浅草→外苑前なども考えられます。
そして最後の観戦スポットは、新国立競技場でスタートとゴールを見る選択です。途中経過は、大画面のスクリーンで映し出されるでしょうからゆっくりと座って観戦したい方には新国立競技場での観戦をお勧めします。

2025世界陸上東京のマラソン&競歩、日本代表候補情報については、また改めてお知らせします。

日本人選手の活躍は?

2023年に行われたブタペストの世界陸上マラソン競技では、日本男子が山下一貴選手、其田健也選手、西山和弥選手の3名が出場しましたが、山下選手の12位が最高成績でした。
日本女子は松田瑞生選手、加世田梨花選手、佐藤早也伽選手の3名が出場し松田選手の13位が最高成績でした。
まだ開催までには2年近くありますので、それまでにメダルが狙える選手が出てくる事を期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました