PR

フリードシエンタ買うならどっち?価格や装備乗り心地を徹底比較!

未分類

コンパクトミニバン界の人気者、フリードとシエンタの2車種。ファミリー向けに人気でつい先日フリードがフルモデルチェンジをしました。そこでどちらがお得か?価格面や装備面、そして乗り心地や維持費などを徹底比較してみました。

1. コンパクトミニバン界の人気者、フリードとシエンタ

ホンダ・フリードとトヨタ・シエンタは、どちらも広々とした室内空間と使い勝手の良さを兼ね備えた、コンパクトミニバンの人気車種です。近年では、子育て世代を中心に、その人気がますます高まっています。

しかし、いざ購入となると、どちらを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、フリードとシエンタを徹底比較し、価格、装備、乗り心地など、それぞれの魅力を詳しく掘り下げていきます。

2. 価格で徹底比較!どっちがお得?

まずは、気になる価格面から比較してみましょう。

車両本体価格

    • フリード:約250万円~約350万円
    • シエンタ:約199万円~約330万円
  • ※グレードやオプションによって価格は異なります。

ご覧の通り、シエンタの方が全体的にフリードよりも低価格設定となっています。特に、エントリーグレードでは、シエンタの方が安い設定になっています。どちらもガソリン車とハイブリッド車が用意されています。ランニングコストを考えると初期投資としては高くなってしまいますが、ハイブリッド車を選ばれる方が良いでしょう。

維持費

    • 燃費:シエンタの方が若干燃費が良い
    • 諸費用:車両本体価格が安いシエンタの方が、諸費用も若干安くなる傾向がある
    • 税金:排気量によって異なるが、どちらも同クラスの車種の中では比較的安い
  • 燃費と諸費用でシエンタが有利な一方、税金に関しては、排気量によって差が出てくる可能性があります。

3. 装備面で比較!あなたに必要なものは?

続いて、装備面で比較してみましょう。

安全装備

    • 両車とも、最新の安全装備を標準搭載しており、安全性能はほぼ同等
    • シエンタは、全車種に標準装備される「ディスプレイオーディオ」が、フリードの一部グレードではオプション扱い

快適装備

フリード:ハンズフリースライドドア、電動パーキングブレーキ、シートヒーターなど、快適装備が充実しています。

シエンタ:後席エアコン吹き出し口、リアシート背面ポケット、傘収納スペースなど、ファミリー向け装備が充実しています。

フリードは、ハンズフリースライドドアや電動パーキングブレーキなど、快適性を向上させる装備が充実しているのが特徴です。一方、シエンタは、後席エアコン吹き出し口やリアシート背面ポケットなど、ファミリー向けに使い勝手を向上させる装備が充実しています。

4. 乗り心地は?ファミリーカーとして最適なのは?

乗り心地に関しても、両車それぞれの特徴があります。

  • フリード
    • しっかりとした乗り心地で、高速道路での安定性が高い
    • 広めの室内空間と相まって、長距離移動にも快適
  • シエンタ
    • 柔らかな乗り心地で、街乗りやちょっとした買い物に最適
    • 取り回しが良く、狭い場所での駐車も楽
  • フリードは、しっかりとしたサスペンションと広い室内空間により、長距離移動でも快適な乗り心地を実現しています。一方、シエンタは、柔らかいサスペンションと取り回しの良さにより、街乗りやちょっとした買い物に最適な車と言えます。

5. まとめ:それぞれの魅力を理解して、あなたにぴったりの一台を見つけよう!

フリードとシエンタは、それぞれ異なる魅力を持つ車種です。価格、装備、乗り心地など、様々な要素を比較検討し、ご自身のニーズに合った一台を選ぶことが重要です。

  • 価格重視の方
    • シエンタの方が、全体的に低価格で維持費も抑えやすい
  • 装備重視の方
    • 快適装備を重視するならフリード、ファミリー向け装備を重視するならシエンタ
  • 乗り心地重視の方
    • 長距離移動が多いならフリード、街乗り中心ならシエンタ
  • 試乗を通して、実際に乗り比べてみるのもおすすめです。

コンパクトミニバン選びは、ご家族のライフスタイルや使い方によって最適な車種が異なってきます。それぞれの魅力を理解し、あなたにぴったりの一台を見つけてください。

新型フリードは先行発注台数だけで24000台、シエンタは2023年のフルモデルチェンジ以降で13.2万台売れています。どちらを選ぶか?悩みどころですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました