PR

ゴルフ初心者必要なものは?現地手配や季節毎に必要なグッズも!

スポーツ

ゴルフ練習場に通い、いざ<コースデビュ>となった時に何を持って行ったら良いのか、悩んでしまいますよね。そこでゴルフ場に行く時の必需品や、ついつい忘れがちなグッズ、季節によって持って行った方が良いものなどをご紹介します。

ゴルフ場で貰えたり、ショップで購入出来るものもありますが、事前にゴルフショップで購入していた方が、お得に購入できますので、ゴルフコースデビューの方は、是非参考にして頂きたいです。私もコースを回る事が決まると、居ても立っても居られなくなり、必ず前日までにゴルフの用意を済ませています。

ゴルフ初心者コースデビューの必需品は?基本編

コースデビューが決まって、嬉しさ半分、不安が半分の方が多いのではないでしょうか。プレーは同伴競技者が、経験者であれば、コース上のルールを教えてもらえますが、持っていくグッズは自分で用意するしかありません。当然、必要な必需品は、

1、ゴルフクラブ&キャディーバッグ

クラブの本数は、パターも入れて14本が規定です。ただしプライベートゴルフの場合は、本数は気にしなくても良いと思います。

2、ゴルフシューズ

スパイクレスも最近多く見かけますが、ゴルフ場は起伏があり、ちょっとした小山に登ったり、谷を下ったりしますので、初心者の方はスパイク付きのシューズで行くことをお勧めします。

3、ゴルフボール

初心者の方は、スライスでOB!や池ポチャがある事を想定して1ダースくらいは持って行った方が良いでしょう。ニューボールでなくてもゴルフショップで売っている、<程度の良いロストボール>でも充分です。ただしボールに傷が入ったものや汚れのひどいものは、使わない方がベターです。

4、ゴルフグローブ

右打ちの方は、左手のグローブのみでOKです。新品ですと手に馴染まない事がありますので、1〜2回はゴルフ練習場で使ったものの方が、個人的には良いと思います。ボールとグローブは、あらかじめキャディーバッグに入れておきましょう。

グローブですが、お天気が雨予報の場合は、予備を1〜2個持っていかれた方が良いです。雨にグローブが濡れてしまうと、クラブのグリップ力が低下してしまい、ヘタをするとクラブがすっぽ抜けて飛んでいきそうになってしまいます。

ゴルフ初心者コースデビューの必需品で忘れがちなもの

基本の必需品を紹介しましたが、ついつい忘れがちなグッズをご紹介します。

1、ティーショット時やプレイング4の時に使うティー

ティーショットをドライバーで打つ場合のティーは、プロゴルファーが使っている<1本木のタイプ>のティーでも問題ありませんが、できればティーの高さが一定に保てるタイプの方が初心者向きです。プラ製のもので3個入500~1,000円で売っていますので事前の購入をお勧めします。

またドライバーを使わないショートホール(Par3)では、低いティーが必要になりますので、ティーショット用とは別に<ショートティー>も持って行きましよう。これは1本木のタイプで問題ありません、値段も安いのでまとめ買いが良いでしょう。

2、グリーン上で使うマーカー

画鋲のようなグリーンに刺すタイプのマーカーは、どこのゴルフ場にも置いてあります。クラブハウスからコースに出る出口あたりに必ず<キャディーマスター室>があり、そのカウンターに置いていますので2個くらい持っておきましょう。

ただ小さいものなので、少し離れると見えなくなってしまいますので、カジノのチップサイズのマーカーを1つ持っておくと便利です。忘れたときは、硬貨でも良いですし、他の人とカップまでのラインが被っていなければティーを指すのもありです。

3、ボールポーチ

初心者は、OBや池ポチャ以外にも深いラフなどでボールをなくす場面が出てきます。そんな時にすぐ新しいボールを使えるようにカラビナやフック付きのボールポーチやウェストポーチにスペアのボールを2個程度入れて、身につけておいた方が良いですね。このボールポーチにあらかじめ、ティーやマーカーを入れておくと後々、必要な小物を探さなくてすみます。

 

4、水分補給の飲み物

以前であれば、9ホールの中間地点に<茶店>があり、そこで休憩しながら水分補給が出来ました。最近は、人員削減の影響なのか、茶店は閉まっている場合がほとんどで自動販売機が置いてあるだけのコースが多いです。

水やお茶、スポーツドリンクなどをペットボトルならば2〜3本、水筒であれば1リットル入りくらいは持って行った方が良いでしょう。ゴルフコースでも売っていますが、遊園地や行楽地なみに高いので忘れたときは、途中のコンビニで買いましょう。

ゴルフ初心者コースデビューの必需品でシーズン毎のグッズは?

1、夏場のゴルフ

水分補給の飲み物は、夏場については可能な限りたくさん持って行きましょう。私は。ペットボトル500mlを4本に加えて1.2リットルの水筒も持っていきます。ペットボトルは事前に冷凍庫で凍らせておくと最後まで冷たい飲み物が飲めます。飲料を入れる保冷機能付きのバッグがあれば、なお良いでしょう。また、汗が噴き出てシャツが、ビショビショ濡れになりますので、後半用に着替えのシャツは必ず用意しましょう。女性の方ならば<日焼け止め>は必須、<虫除けのスプレー>もプレー前にしておくのも忘れないで下さい。そしてタオルや氷嚢もあると良いでしょう。

2、梅雨時のゴルフ

当然のように上下のレインウェアは必需品です。キャディーバッグに収納可能であれば、常にレインウェアをキャディーバッグに入れておきましょう。夏場のゴルフ同様、後半用に着替えのシャツも必須です。グローブも3〜4枚あると安心です。頭が濡れると嫌な方は、防水機能素材のキャップやハットを持って行きましょう。

3、冬場のゴルフ

防寒対策グッズをなるべく沢山持っておいた方が良いです。寒さを感じなければ脱げば良いだけですので。スウィングで厚着が気になるという方はダウンベストや最近流行りのヒーター機能のついたベストがお勧めです。また、貼るカイロや右手用のグローブ、スウィングしていない時に手を温めるミトンなどがあると安心です。

楽しい楽しいゴルフ、忘れ物をして出鼻をくじかれないよう、前日までにしっかりと持ち物チェックをして、準備をしましょう。あとはゴルフを楽しむだけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました