PR

ブギウギ愛助役は誰?母役女優情報や実在人物と二人の恋の行方は?

テレビ

ひょんなことから出会ったスズ子と愛助、実は愛助は熱烈なスズ子ファンで12月19日の放送ではついに二人がお付き合いする事に!実在の<吉本興業>がモデルではないかと言われている村山興行社長の村山トミも登場し二人の恋の行方が気になるところです。そんな愛助役の俳優<水上恒司さん>の情報や母親役の<小雪さん>の情報、そして一番気になる二人の<恋の行方>についてもお伝えしていきたと思います。

ブギウギ愛助役は誰?

9月からスタートしたNHKの連続テレビ小説<ブギウギ>も前半が終わろうとしています。12月から登場したスズ子の恋人役<村山愛助>を演じるのは<水上恒司さん>です。2018年に俳優デビューをした期待の若手俳優です。1999年5月12日生まれの24歳で出身は福岡県福岡市。高校時代は甲子園を目指して野球に没頭していて、5年間もスカウトを断り続けていたそうです。

2021年には、その演技が評価され日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した若手俳優です。水上さんは、デビュー作から演技力の高さで注目を集めています。特にスクリーンデビューとなった「弥生、三月 君を愛した30年」では、30年間にわたって一人の女性に恋をする青年を繊細に演じ、新人とは思えないほどの存在感を示しました。

水上さんは、2022年「死刑に至る病」や2023年「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら」などの話題作に出演し、その演技力をさらに磨き上げています。今後も、さらなる活躍が期待される俳優です。まだデビューから5年ほどの若手俳優ですが、その演技力の高さはすでにトップクラスです。今後は、さらに幅広い役柄に挑戦し、その可能性を広げてくれることでしょう。今後の活躍にぜひ注目していきたいと思います。

愛助役は実在した?

先ほどもご紹介した通り、水上恒司演じる村山愛助のモデルは吉本穎右(よしもとえいすけ)。吉本興業創業者の吉本せいの息子で、1923年に吉本興業の後継者として生まれました。戦地に赴けないなど、作中でも愛助の体が弱いことがたびたび描かれますが、実際の吉本穎右も病弱でした。1947年に、肺結核のため25歳という若さで亡くなってしまうのです。

愛助役の母親は<小雪さん>

みなさんご存知の通り小雪さんの旦那様は、<マツヤマケンイチさん>です。お二人は、子供たちを自然の中で育てたいという事で、マツヤマさんの地元<青森県>を拠点にされていて、仕事があると東京に出てくるという生活を、送られています。マツヤマケンイチさんは、1年のうち半分は東京、半分は青森という、まるで<出稼ぎ>のような感覚を持たれているそうです。この生活を始めたのが、2018年ですが、移住を決める前は、<お試し>でいろいろな場所で生活してみて、今の住居を決めたそうです。青森に居る時は、農業やハンター、そしてリサイクルをテーマにしたファッションブランドもやられているそうです。小雪さんも旦那さんと子育てに勤しんでいるのではないでしょうか。

スズ子と愛助の<恋の行方>は?

『ブギウギ』第1話冒頭では、スズ子がシングルマザーとして1人で赤子を育てているシーンが描かれました。母親のツヤ(水川あさみさん)と弟の六郎(黒崎煌代さん)をすでに亡くしているスズ子にとっては、とても酷なように思えますが、スズ子は最愛の恋人も早くに失ってしまう……という展開が予想されます。

スズ子は、愛助の母親<村山トミ>から大事な村山興業の跡取り愛助から別れて欲しいと言われます。スズ子はこのことを愛助に話をしますが、当然納得するはずもありません。ほんのひと時、二人の幸せな時間が訪れますが、空襲警報がなる中、急に愛助が咳込み、その手にはべったりと血が付いていたのです。病院へ行き診察をしてもらうと愛助は<結核>を患っていたのです。看病を続ける中、二人は結婚を決意します。村山興行の支店長もついには二人の中を認める事になります。当時はとても田舎だった<三鷹>に新居を構えて平穏な新婚生活を送る二人でした。というストーリーの展開ですので、ドラマの二人の別れがいつになるのかは、まだまだ先のようです、できれば実際の話とは違うものになって欲しいと願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました