PR

パリ五輪サッカー代表オーバーエイジ枠は?代表メンバーも予想

スポーツ

あと1年を切ったパリ五輪、U23の選手がメインとなる日本代表選手も気になりますが、それ以上にオーバーエイジ枠が気になるところです。オリンピックのサッカー競技では女子サッカーにはオーバーエイジ枠はありませんが男子サッカーには3名までのオーバーエイジ枠があります。

その候補に挙げられる選手を大胆に予測!しました。過去に遡り東京オリンピックのオーバーエイジ枠情報も調べました。

2024パリ五輪男子サッカー代表のオーバーエイジ枠は誰?

パリ五輪の男子サッカーは、前々回までと同様で23歳以下のメンバーがメインで選ばれます。具体的にいうと今回のパリ五輪で出場が出来るアンダー23歳は、2001年1月1日以降に生まれた事が条件になります。

U23の選手には日本代表クラスのメンバーが多く、久保建英選手(レアル・ソシエダ)や中井卓大選手(レアルマドリーBチーム)、A代表経験もある川崎颯太選手(京都)、そして松木玖生選手(FC東京)などがいます。

そんな中、オーバーエイジ枠3名に誰が選ばれるのか?とても気になるところ。この秋からスタートするAFC U23アジア予選で勝ち抜かなければ、出場権を得ることは出来ませんが、現時点でのオーバーエイジ枠を予想しました。

前回の東京大会では、吉田麻也選手(DF)サカイ宏樹(DF)遠藤航(MF)の3名が選ばれました。その時からはだいぶ世代交代も進み、パリオリンピックに出場した場合に選ばれるオーバーエイジの選手も様変わりしそうです。

直近のA代表の選手一覧は、U23以外では下記の通りです。GKのシュミット・ダニエル選手やDFの谷口選手を除けば、遠藤航選手の30歳が最年長ですがパリオリンピックはもう来年に迫っていますので年齢的にはA代表から誰が選ばれてもおかしくないでしょう。直近の日本A代表のメンバーは以下の通りです。

▽GK
シュミット・ダニエル(シントトロイデン)31
中村航輔(ポルティモネンセ)28
大迫敬介(広島)24

▽DF
谷口彰悟(アルラーヤン)32
板倉滉(ボルシアMG)26
森下龍矢(名古屋)26
伊藤洋輝(シュツットガルト)24
瀬古歩夢(グラスホッパー)23
菅原由勢(AZ)23

▽MF/FW
遠藤航(シュツットガルト/MF)30
伊東純也(スタッド・ランス/MF)30
浅野拓磨(ボーフム/FW)28
古橋亨梧(セルティック/FW)28
守田英正(スポルティング/MF)28
川辺駿(グラスホッパー/MF)27
鎌田大地(フランクフルト/MF)27
相馬勇紀(カーサピア/MF)26
三笘薫(ブライトン/MF)26
前田大然(セルティック/FW)25
旗手怜央(セルティック/MF)25
堂安律(フライブルク/MF)25
上田綺世(セルクル・ブルージュ/FW)24
川村拓夢(広島/MF)23
中村敬斗(LASKリンツ/MF)23

この中で選ばれそうなメンバーは順当にいくと守備の要としてDFの谷口選手か、自らオーバーエイジ枠に名乗りを上げている板倉滉選手のどちらかが選ばれると予想します。そしてMFからは前回の東京五輪にも出場した遠藤航選手、伊東純也選手、三笘薫選手、堂安律選手の中から2名が選ばれるのではないでしょうか。

 

2024パリ五輪男子サッカーU23代表メンバーは?

A代表に招集された事があるU23のメンバーは、GK鈴木彩艶(浦和)、FW細谷真大(柏)、MF藤田譲瑠チマ(横浜FM)の3名に加えて、A代表の主力になっているMF久保建英(ソシエダ)、そして昨年1月の国内組合宿に参加したFW鈴木唯人(清水)、MF松岡大起(清水)の6名です。A代表経由で五輪への切符を掴むケースが多いのでこの6名は選出濃厚です。

そしてポジション別にU23代表メンバーを予想しました。
▽GKは招集の実績や所属チームでの活躍を考えると、この3名で決まりではないでしょうか。
小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)
佐々木雅士(柏)
鈴木彩艶(浦和)

▽DFは、怪我などが無ければ、この7名が有力視されています。

田中隼人(柏)〜1つ下の世代から繰り上げか?
チェイス・アンリ(シュトゥットガルト)
鈴木海音(磐田)
高井幸大(川崎)
バングーナガンデ佳史扶(FC東京)
半田陸(G大阪)
加藤聖(長崎)

▽MFは、A代表で活躍する久保選手をはじめ、藤田選手、松岡選手、川崎選手の4名は当確で残りの枠をそれ以外の選手が争う形です。

久保建英(ソシエダ)
藤田譲瑠チマ(横浜FM)
松岡大起(グレミオ)
川﨑颯太(京都)
平河悠(町田)
松村優太(鹿島)
佐藤恵允(明治大)
重見柾斗(福岡大)
鈴木唯人(ストラスブール)
山本理仁(G大阪)
西川潤(鳥栖)
三戸舜介(新潟)
他に田中隼人選手同様U20から佐野航大(岡山)、松木玖生(FC東京)が飛び級で選ばれる可能性も大です。
▽FWは、細谷選手が濃厚で予定されているFW4枠の内、残り3枠を4名で争う形になっています。
細谷真大(柏)
鈴木唯人(清水)
藤尾翔太(町田)
小田裕太郎(ハーツ)
福田師王(メンヒェングラートバッハ)
まずは9月からスタートするパリ五輪の予選も兼ねたAFCアジアカップ予選でしっかりと戦って出場権を得て、誰が選ばれても予選突破を目標とするのではなく、メダル獲得を目指して戦いに挑んで欲しいです。次回ワールカップ日本代表予想の記事はこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました