PR

ロストボールコースでの使用はあり?メリットデメリットも紹介!

スポーツ

いざコースデビューの時に新品のゴルフボールを使うか?中古のロストボールにするか?悩むところですよね。そこでゴルフ場でロストボールを使う場合の、メリットとデメリットをお伝えします。

ロストボールのコースでの使用はあり?

ゴルフボールはとても高価な消耗品です。プロ仕様のものだと高いもので500円から600円します。少し型落ちのボールで1個100円くらいの新品ボールもあります。

特に初心者ゴルファーにとっては、ボールを頻繁に失ってしまう場合が多く、男性で飛ばす型ならなおさらロストボールが多くなり、出費もかさんでしまいます。そこで、ゴルフ場やゴルフ所風などで販売されているロストボールを使うという選択肢はあります。

ロストボールとは、プレーヤーが打って紛失したボールを回収し、洗浄・販売したもので、新品ボールと比べて安価で購入できることから、多くのゴルファーに利用されています。結論から言うと初心者は『ロストボール』でも十分だと思います。

ロストボールと言っても新品同様のものから、だいぶ使い込まれたものまでピンキリであるので、せめて外観に傷がないか?表面の劣化がないか?などは事前に確認してから使いましょう。

ロストボールとNEWボールは、コースでの使い分けも!

OBゾーンが多いゴルフ場や池が多いゴルフ場、そして森林コースでボールを無くしてしまいやすいゴルフ場では、ロストボールを使い、ボールを曲げても隣のホールから打てるようなゴルフ場や池やOBが少ないゴルフ場では、思い切ってNEWボールでプレーしてみましょう。やはりNEWボールは当たれば飛びますし、スピンの量も違いますので実力が付いてきたらNEWボールを使うようにしましょう。

ロストボールを使うメリット

<コストパフォーマンスが高い>

ロストボールは、ボールの状態にもよりますが、新品ボールの半額以下で購入できるものが多いです。ボールを頻繁に失ってしまう初心者ゴルファーにとっては、大きな節約になります。

<環境に優しい>

ロストボールは、廃棄されるゴルフボールを再利用したものです。新品ボールを購入するよりも、環境負荷を抑えることができ、あなたもSDG’sに貢献していることにもなりますね。

<様々な種類から選べる>

ロストボールには、様々なメーカーやモデルのものがあります。自分のプレースタイルに合ったボールを選ぶことができます。これはNEWボールでも同じ事が言えますが、安価ですので普段手が出ない高性能のボールも気軽に購入できます。

<プレッシャーなくプレーできる>

ロストボールを使用すれば、ボールを無くしても大きな痛手ではありません。そのため、プレッシャーなくプレーすることができますし、草むらなどにボールが入ってしまった時に諦めも早くつきます。

ロストボールを使うデメリット

<性能が劣る可能性がある>

ロストボールは、長期間放置されていたり、傷がついていたりしている場合があります。そのため、新品ボールと比べて性能が劣る可能性がありますので、見た目があまりに古いものや傷がついたボールは、コースでは使用しないようにしましょう。

<状態が均一ではない>

ロストボールは、ボールによって状態が異なります。そこはロストボールと割り切って使いましょう。

<ルール上での制限がある>

競技ゴルフでは、ロストボールの使用が禁止されている場合があります。プライベートゴルフの場合は、ロストボール使用は問題ありませんが、大会や競技ではNEWボールを使用して下さい。

ロストボールは賢く利用しましょう!

ロストボールには、メリットとデメリットがあります。上手に利用することで、ゴルフをより楽しく、そして経済的にプレーすることができます。ロストボールは、ゴルフ専門店やネットでも購入可能です。

やはり名の通ったショップで購入した方が、状態の良いロストボールを販売している場合が多いですし、メーカーやモデル別に販売されているので、自分のプレースタイルに合ったボールを選ぶことができます。

購入時は、傷や汚れをよく確認して、ひどい傷や汚れがあるボールは避けましょう。ロストボールは、上手に利用すれば、ゴルファーにとって強い味方となります。時間がある方は、ゴルフ専門店やゴルフ場のロストボール売り場でお目当てのロストボールを探してみて下さい。

プレー中に『ロストボール』になった場合の処置は、打ったボールが見当たらない場合、まずは3分間探す時間があります。それでも見つからない場合は、打った場所まで戻って1打罰で打ち直すのがルールです。

これは、OBと同じ扱いという事になります。ただし打った地点まで戻って打ち直すと、後続の組に迷惑がかかり進行の遅れにもなるので、無くなったあたりから2打罰で打つというローカルルールもあります。

プライベートゴルフの場合は、事前にルールを決めておいた方が良いでしょう。私は、無くなったあたりから1打罰のみでプレーする事が多いです、あくまで自分たちが楽しくゴルフができれば、どんなルールでも問題ありません。競技会などは、そのルールに則ってプレーをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました