PR

松山英樹次回出場試合は?マスターズ前は1試合出場予定!

スポーツ

3月に開催された米国男子ツアーでは、『アーノルドパーマー招待』と『ザ・プレイヤーズ選手権』と2週続きで出場した松山英樹選手。この2つの試合での成績は、『12位タイ』と『6位タイ』で好調をキープしています。

2月に行われた『ジェネシス招待』では、2年ぶりの優勝を飾った事で今シーズンの残りはポイントでも精神的にも余裕が出てきています。4月11日から開催される『2024マスターズ』前に松山英樹選手が出場する大会は、2週間休養した後の4月4日から開催される『バレロ・テキサスオープン』になると思います。

松山英樹次回出場試合は?

3月21日から開催された『バルスパー選手権』と3月28日から開催される『テキサス・チルドレン・ヒューストンオープン』の2試合を休養に当てた松山英樹選手。このまま3週間試合に出場せずに、即マスターズは考えにくいのでマスターズの前週に開催される『バレロ・テキサスオープン』に出場して、試合勘を取り戻して『2024マスターズ』へ向かうでしょう。

『アーノルドパーマー招待』と『ザ・プレイヤーズ選手権』はスコッティー・シェフラー選手が2週連続Vという結果で、世界ランキングNO1の実力を見せつけての優勝でした。ラウンド中に首の痛みを訴えてトレーナーから治療を受けながらも、優勝するのですから彼の強さは本物ですね。

『バレロ・テキサスオープン』の大会概要

4月4日(木)から4月7日(日)までの4日間、テキサス州のゴルフコース『TPCサン・アントニオ』で開催される米国男子ツアーの1戦です。以前は『テキサス・オープン』という大会名で開催されていました。歴史は古く第1回大会は、1922年に開催されていますので100年以上続いている大会です。

古くは1946年に『ベン・ホーガン』、1960年から1962年には『アーノルド・パーマー』が3連覇、最近では2021年に『ジョーダン・スピース』が、そして2023年の大会ではカナダの『コーリーコナーズ』が優勝を飾っています。賞金総額は920万ドルですので日本円に換算すると約14億円、優勝賞金は約2.5億円になります。

LIVツアーに対抗してPGA米国男子ツアーの賞金も高額になっていますので、この優勝賞金はシグネチャー大会の半分程度です。松山英樹選手が優勝した『ジェネシス招待』の賞金総額は、2,000万ドルで日本円にすると30億円で優勝した松山英樹選手が手にした優勝賞金は、何と驚異の6億円です。

年々、主催者側の負担は増えていっておりスポンサーを降りる企業も出てきていますが、日本以上に男子ゴルフの人気が高いアメリカですので、スポンサー企業としては悩ましいところですね。

『2024マスターズ』情報もおさらい

4月11日(木)から2日間の予選ラウンドを経て4月13日(土)と4月14日(日)の2日間決勝ラウンドが行われて2024年の優勝者が決まります。予選ラウンドの前日には『パー3コンテスト』が開催され、本戦前からも楽しむことが出来ます。

この『パー3コンテスト』の模様もTBS系のテレビやU-NEXTなどでも配信されます。また前年優勝者『ジョン・ラーム』選手考案の、チャンピオンズ・ディナーのメニューも発表されていますので、SNSなどでディナーの写真もアップされることでしょう。ラーム選手のお母様が作られていたスープが出されることも話題になっています。

いよいよ開催される2024マスターズ!

4月開催のマスターズから毎月開催される男子ゴルフのメジャー4大会がとても楽しみです。放映権料の高騰で地上デジタルでの放送が難しくなってきているようですので、サブスクやネット配信をうまく利用してゴルフ観戦を楽しみましょう。そしてマスターズ前の松山英樹選手の前哨戦もお見逃しなく、U-NEXTで配信予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました