PR

大谷翔平通訳水原氏の経歴は?大谷選手との出会いや年収を徹底調査!

スポーツ

2024年のMLB開幕戦が韓国で行われた2024年3月21日に、残念なニュースが報道された大谷翔平選手の通訳をされていた水原一平さん。様々なメディアにも、大谷選手を陰で支える存在として出ていた水原さんの経歴や年収、そしていつ大谷選手と知り合い、どのよう経緯で専属通訳になったかなどを調べました。

大谷翔平選手の影の支えであった水原一平さんの経歴は?

大谷翔平選手の活躍を支える存在として、彼の専属通訳を務める水原一平さんは欠かせない存在でした。選手としてだけでなく、人間としても大谷選手と深い信頼関係を築き、彼の成長を陰ながら支えてきた水原さんとは、どのような人物なのでしょうか?

<幼少期とその後のアメリカへの移住>

水原さんは1984年、北海道苫小牧市で生まれました。幼い頃から野球に親しみ、地元の少年野球チームで活躍していました。しかし、12歳の時に父親の仕事の関係でアメリカへ移住することになります。アメリカでは言葉の壁にぶつかり、野球を続けることも難しかった時期もありました。しかし、持ち前の明るさと積極性で周囲と積極的に交流し、英語を習得していくと同時に、アメリカの野球文化にも触れていきます。

<大学での学びと通訳のキャリア>

カリフォルニア大学リバーサイド校に進学した水原さんは、野球部に所属しながら、日本語と英語の両方を活かせる通訳の仕事にも興味を持ち始めます。大学卒業後は、日系企業で通訳として勤務し、ビジネススキルを磨きます。

大谷翔平選手との出会いは?

水原さんは、2012年に縁あって北海道日本ハムファイターズに入団し、外国人選手の通訳としてキャリアをスタートさせます。そこで出会ったのが、当時新人だった大谷翔平選手です。大谷選手はプロ入り当初、英語がほとんど話せませんでした。

日本ハムファイターズでは、英語の必要性があまり無かった事もありましたが、将来的にメジャーリーグでのプレーを視野に入れていた大谷翔平選手に対して水原さんは、英語力のアップ以外にも、日米の文化や習慣の違いを伝え、丁寧にサポートしていくことで、彼との信頼関係を築いていきました。大谷選手がメジャーリーグ挑戦を決断した際も、水原さんは彼の意思を尊重し、共にアメリカへ渡ることを決意します。

メジャーリーグという新たな環境の中で、大谷選手が、言葉の壁や文化の違いに戸惑うことがないようにしっかりとサポートしたことで、水原さんの存在は大谷選手にとってかけがえのない存在となりました。

大谷翔平選手との深い絆

水原さんは単なる通訳としてだけではなく、大谷選手にとって良き理解者であり、親友のような存在です。試合中の指示やインタビューの通訳はもちろんのこと、日常生活のサポートやメンタルケアなども担っています。大谷選手は水原さんについて、「一番の理解者」と評しており、彼の存在がなければ現在の活躍はなかったと言えるでしょう。大谷選手の通訳以外にも水原さんは、常に新しいことに挑戦し続ける人物です。通訳の仕事以外にも、英語講師や翻訳家としての活動も行っています。また、自身の経験を活かして、日米間の文化交流事業にも取り組んでいます。

水原一平さんから学ぶこと

水原さんの経歴からは、以下の3つのポイントを学ぶことができます。

  1. 語学力: グローバル社会で活躍するためには、語学力は必須です。
  2. コミュニケーション能力: 相手の立場や文化を理解し、円滑なコミュニケーションをとる能力は、様々な場面で役立ちます。
  3. 挑戦心: 常に新しいことに挑戦し続ける姿勢は、人生を豊かにしてくれます。大谷翔平選手の影の支えとして活躍する水原一平さんは、私たちにとって多くのことを学ぶことができる存在です。

水原通訳の奥様が日本ハムファイターズの<ファイターズガール>ではないかという噂もありましたが、一般の女性と結婚されているそうです。また報道されている年収は、50万ドルで日本円にして7,500万円と言われています。そんな水原通訳の残念な報道が出ましたが、まずは真相の解明と、もしもしてはいけない事をしたのであれば罪を償って新たな道を歩んで欲しい気持ちです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました