PR

超お勧めバインミー関東地方のお店は?バインミーの簡単レシピも紹介!

お役立ち情報

『バインミー』は、ベトナムが発祥のサンドイッチの事です。ベトナム語で「パン」を意味する「バイン」と、「小麦粉」を意味する「ミー」を組み合わせた言葉です。この『バインミー』は、フランス植民地時代にベトナムに伝わったバゲットと、ベトナムの伝統的な食材を組み合わせたのが始まりと言われています。

バゲットは、外側はカリカリ、内側はふわふわとした食感が特徴です。具材には、レバーペースト、チャーシュー、なます、パクチーなどが入りますが、お店によって様々な具材があります。

バインミーの魅力は?

バインミーの魅力は、なんといってもその手軽さです。片手で食べられるので、テイクアウトして食べることができます。また、バインミーは具材の種類が豊富なので、自分の好みに合わせて選ぶことができます。さらに、バインミーはベトナムの屋台で気軽に食べられるので、ベトナム旅行中に味わうこともできます。

とっておきの関東地方にある『バインミー』店舗情報

本格的なバインミーが味わえるお店は、ベトナム料理専門店やベトナムに行けば、屋台などでもバインミーが味わえます。

関東には、美味しいバインミーのお店がたくさんありますが、その中でも、特におすすめのお店を5つご紹介します。

<ECODA HEM>(江古田)

食材だけでなくお店の内装も本場仕様にこだわったベトナム料理のお店です。レモン風味の豚肉とガーリックが絶妙にマッチしたバインミーが味わえます。

<マイバインミーバイグルテンフリートーキョー>(原宿)

米粉100%のグルテンフリーバインミーが食べられるお店です。ペット同伴可能でペット用のグルテンフリーフードも販売しています。

<nicoバインミー>(日本橋)

日本橋駅から徒歩5分ほどの場所にある、おしゃれな雰囲気のお店です。野菜たっぷりのバインミーが人気です。テイクアウトや宅配の可能。変わったバインミーも多く、よもぎ入りや老舗の粒あんを使ったもの、そして激辛バインミーなども販売しています。

<バインミーバーバー下北沢店>(下北沢)

下北沢駅から徒歩5分ほどの場所にある、ベトナム出身のシェフが作るバインミーが味わえるお店です。1本では多い方にはハーフサイズも用意されていて、『フォー』や『ベトナムハム』『バイン』のみでの販売もされています。メニューの種類が多く、決めるのに迷ってしまうかもわかりません。

<バインミー☆サンドイッチ> 水道橋東口店(水道橋)

水道橋駅から徒歩5分ほどの場所にある、新宿店の姉妹店です。新宿店と同じく、リーズナブルな価格で美味しいバインミーが楽しめます。季節ごとに食材も変わるので、いつ行っても新鮮な気持ちで新しい味に出会えるでしょう。

ぜひ、これらのお店で、本場の味を堪能してみてください。

おすすめの代表的なバインミー

1、バインミー・ティット・ヌオン〜焼いた豚肉を挟んだバインミーです。

2、バインミー・ガー〜ベトナム魚醤風味もチキンフレークが入ったバインミーの事。

3、バインミー・チャ・ジョア〜レバーペーストとベトナムハムが入ったバインミーで、お店によっては一番人気だそうです。他にもアビとアボガドが入ったものやお肉なしのバインミーなども人気です。ベトナムの各地方名産のバインミーもありますので、まだまだバインミー人気は続くかもわかりませんね。

バインミーの簡単レシピ

バインミーは、自宅でも簡単に作ることができます。

材料

  • バゲット
  • レバーペースト
  • チャーシュー
  • なます
  • パクチー(お好み次第で香味野菜を使いましょう)
  • マヨネーズ
  • 醤油

作り方

  1. バゲットを半分に切ります。
  2. バゲットにレバーペーストを塗ります。
  3. チャーシュー、なます、パクチーを挟みます。
  4. マヨネーズと醤油をかけて完成です。

バインミーは、手軽に食べられるベトナムのサンドイッチです。ベトナム旅行中にぜひ味わってみてください。また関東を中心にバインミー専門店やベトナム料理店で、本格的な本場バインミーを味わえます。自宅で作って自分なりのレシピでバインミーを作るのも良いですね。このブログ記事が、あなたのバインミー探しの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました