PR

回転寿司チェーンはどこがお得?100円皿の数やクーポン情報も!

お役立ち情報

回転寿司チェーンの百円皿:種類と数徹底比較!コスパ最強店はどこか?

100円皿といえば、回転寿司の代名詞ともいえる存在ですよね。近年は値上げの波に押され、100円皿が減少しつつあるという状況ですが、それでもなお、多くの回転寿司チェーンで愛され続けています。そこで今回は、主要な回転寿司チェーンの100円皿の種類と数を徹底比較していきます。コスパ最強店はどこなのか、早速チェックしていきましょう!

1. 比較対象となる回転寿司チェーン

今回比較対象としたのは、以下の5つの主要チェーンです。ただし、くら寿司は最低価格が税込115円皿での比較、スシロー120円皿での比較になります。くら寿司については店舗ごとに最低価格が違いますのでお店に行く前に値段をチェックして方が良いですね。

  • くら寿司
  • スシロー
  • かっぱ寿司
  • はま寿司
  • 魚べい

2. 100円〜120円皿の種類

各チェーンの100円皿(税抜)の種類を以下にまとめました。『くら寿司』は、昨年税込110円の皿を115円に値上げしていますので115円皿で比較します。『くら寿司』は、皿の値段を細かく設定していて115円、120円、130円、140円、165円、180円、230円、250円、280円があり、これは2貫皿も1貫皿も同じです。

また『スシロー』についても税込の値段が120円、180円、260円が基本ですので、こちらも120円皿での比較となります。種類の数は違いますが、税抜100円を求めるのであれば、『かっぱ寿司』『はま寿司』『魚べい』の3択です。ネタの鮮度や美味しさなどを求めるのであれば、『くら寿司』か『スシロー』の2択です。

チェーン名

魚介類

肉類

卵・その他

デザート

くら寿司

30種類以上

6種類

3種類

3種類

42種類以上

スシロー

30種類以上

5種類

4種類

4種類

43種類以上

かっぱ寿司

30種類

5種類

3種類

3種類

41種類

はま寿司

30種類

4種類

3種類

3種類

40種類

魚べい

20種類

3種類

2種類

2種類

27種類

3. 100円〜120円皿の数

全皿数のうち100円皿が占める割合を以下にまとめました。

チェーン名

全皿数

100円皿

100円皿割合

くら寿司

160種類

42種類以上

26%

スシロー

180種類

43種類以上

24%

かっぱ寿司

140種類

41種類

29%

はま寿司

150種類

40種類

27%

魚べい

100種類

27種類

27%

4. コスパ最強店は?

100円〜120円皿の種類と数を比較した結果、くら寿司が最もコスパ最強であることがわかりました。くら寿司は、115円皿の種類が最も多く、全皿数の約26%を占めています。ネタも新鮮で、サイドメニューも充実しているため、満足度の高い食事を楽しむことができます。

また、今回は比較をしていないチェーン店『まぐろの寿司屋 銀次郎』はマグロに特化しており、マグロ好きにはたまらないお店と言えるでしょう。

5. 各チェーン店のクーポン情報はアプリでチェック!

どのチェーン店でもお得情報はアプリで発信することが多いです。私は紹介した回転寿司チェーンのアプリはすべてスマホに入れて、キャンペーンやクーポンを比較してから注文したり、食べに行ったりしています。フェア商品以外にクーポン券が良く発行されるチェーン店は、『はま寿司』と『かっぱ寿司』です。

6. まとめ

回転寿司チェーンの100円皿は、種類や数、価格帯などがチェーンによってさまざまです。またチェーン店によって最低価格の皿が違ってきていますので、その値段の価値があるかをしっかりと見極めていきましょう。今回紹介した内容を参考に、自分の好みに合ったチェーンを見つけて、コスパ最強の回転寿司を存分に楽しんでくださいね!

少し遠出をしてでも納得がいくお寿司を食べた方が、良いと思います。当然、お財布の紐と相談してになりますが。どの店もサイドメニューが充実していますので、お寿司以外のラーメンやスイーツを食べに行くのも良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました