PR

スプラウト野菜栽培お勧めの種類は?種類ごとの成分や栽培方法も調査!

お役立ち情報

最近話題に上がる<スプラウト野菜>、人工的に穀物類や豆類、野菜の種を発芽させた<新芽>のことを指し、<発芽野菜><新芽野菜>などとも呼ばれています。最近テレビなどでも話題になっているブロッコリーのスパースプラウトや大豆、やしなどが有名ですね。

そこでこの<スプラウト野菜>について、その種類や含まれている成分、そして栄養価などを調査しました。また簡単に栽培できるものもありますので、その情報もお伝えしていきます。

スプラウト野菜は栄養豊富な小さな巨人

スプラウト野菜は、植物の種子を人工的に発芽させた新芽のことを指します。一般的に、発芽から2~7日程度で収穫されます。成熟した野菜よりも栄養価が高く、生で食べられるため、効率的に栄養素を摂取できるのが特徴です。

スプラウト野菜の種類と栄養

スプラウト野菜には、様々な種類があります。ここでは代表的な種類とその栄養素をご紹介します。

『かいわれ大根』〜ビタミンC、カルシウム、カリウム

『ブロッコリースプラウト』〜スルフォラファン、ビタミンC、ビタミンE

『アルファルファ』ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄分

『ムング豆スプラウト』たんぱく質、食物繊維、ビタミンB群

『レッドキャベツスプラウト』ビタミンC、アントシアニン

このように、スプラウト野菜は種類によって様々な栄養素を豊富に含んでいます。

スプラウト野菜の選び方と食べ方

スプラウト野菜の選び方

スプラウト野菜を選ぶ際は、以下の点に注意しましょう。

  • 新鮮なもの: 葉や茎が緑色で、みずみずしいもの
  • 根腐れしていないもの: 根が茶色く変色していないもの
  • 異臭がないもの: カビ臭いなどの異臭がないもの

スーパーや八百屋さんなどで販売されていますが、自宅で簡単に栽培することもできます。

スプラウト野菜の食べ方

スプラウト野菜は、生で食べるのがおすすめです。サラダやサンドイッチ、スープなどの具材として使うと、栄養価を効率的に摂取できます。また、炒め物や煮物などの火を通す料理にも使うことができます。

スプラウト野菜を取り入れるメリット

スプラウト野菜を取り入れることで、得られるメリットをご紹介します・

  • 栄養素を効率的に摂取できる: 成熟した野菜よりも栄養価が高い
  • 生で食べられる: 加熱調理の手間が省ける
  • 栽培が簡単: 自宅で簡単に栽培できる
  • 食卓に彩りを添える: 鮮やかな緑色が料理を華やかにする

 スプラウト野菜を取り入れる際の注意点

スプラウト野菜は、以下の点に注意して取り入れましょう。

  • 食べ過ぎない: スルフォラファンなど、過剰摂取すると体に悪影響を与える栄養素も含まれる
  • 保存方法: 冷蔵庫で保存し、早めに食べる
  • 衛生管理: 栽培や調理の際は、衛生面に注意する

スプラウト野菜は、栄養豊富な食材です。毎日の食生活に取り入れて、健康的な生活を目指しましょう。

スプラウト野菜自宅での栽培方法は?

スプラウト野菜は、自宅で簡単に栽培できる栄養豊富な食材です。ここでは、基本的な育て方の手順を紹介します。

準備するもの

  • スプラウト用の種子
  • 栽培容器
  • 栽培マット(キッチンペーパー、スポンジなど)
  • 霧吹き

手順

  1. 容器を準備する: 栽培容器は、底に穴が開いたものを使用します。なければ、底に小さな穴を開けてください。
  2. 栽培マットをセットする: 栽培容器に栽培マットを敷き、水でしっかり濡らします。
  3. 種子をまく: 種子が重ならないように、栽培マットにまんべんなくまきます。
  4. 暗い場所で発芽させる: 容器を暗い場所に置き、種子が発芽するまで霧吹きで水をかけ、湿った状態を保ちます。
  5. 日光に当てる: 芽が出たら、日光に当てて育てます。
  6. 収穫: 双葉が開いたら収穫できます。

ポイント

  • 種子は、スプラウト用のものを使いましょう。
  • 栽培温度は、15~25℃が最適です。
  • 水やりは、朝晩2回、霧吹きで水をかけます。
  • カビが生えないように、清潔な環境で育てましょう。

おすすめのスプラウト野菜

  • かいわれ大根: ビタミンC、カルシウム、カリウム
  • ブロッコリースプラウト: スルフォラファン、ビタミンC、ビタミンE
  • アルファルファ: ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄分
  • ムング豆スプラウト: たんぱく質、食物繊維、ビタミンB群
  • レッドキャベツスプラウト: ビタミンC、アントシアニン

スプラウト野菜は、自宅で簡単に栽培できる栄養豊富な食材です。ぜひ、自宅で栽培して自分で育てた野菜を食べる事に挑戦してみてください。だいぶ前から貝割れ大根や豆苗などは、自宅で栽培されていましたが、最近は種類も豊富になっていますので、育てる野菜の種類選びも楽しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました