PR

2024八千代ふるさと祭り穴場駐車場は?花火観覧スポットや開催日は?

スポーツ

毎年8月の最終土日に開催される八千代ふるさと祭りですが、訪れる方用には駐車場がありません。そこで八千代ふるさと祭りに車で行かれる方に穴場の駐車場情報をお知らせします。自動車の規制情報やメイン会場以外の観戦穴場スポット情報もお知らせします。地元住人ならではのとっておき情報をお伝えします。

2024八千代ふるさと祭りの開催日は?

八千代市で毎年開催される<八千代ふるさと親子祭り>は、40年以上の歴史があるお祭りです。例年8月の最終土日に開催されますが、2024年は暦の関係上、8月24日25日の開催が濃厚です。

もしかしたらその1週間前の8月17日18日の可能性もあります。打ち上げ花火は、コロナ前に比べると少なくなったとはいえ、<5000発>打ち上げられますので中々の迫力です。花火会場には、一般客用の駐車場はありませんので、出来れば公共交通機関を利用することをお勧めします。

2024八千代ふるさと祭りの規制情報や観覧スポットは?

マス席や打ち上げ会場に程近い市営の野球場に有料の観覧席は用意されていますが、ここはお得に無料で見られる観覧スポットをお伝えします。

<新川沿い>の空き地〜新川大橋や村上橋が掛かる新川沿いには、花火を観覧できる土手沿いの空き地があります。場所取りは、朝の早い時間から始まりますので、午前中には現地に着いて、レジャーシートで場所を確保しましょう。川沿いの遊歩道には屋台や出店が数多くでますので、早めに場所取りをして屋台を見て回ったりして時間を潰すのも良いです。

近くにあるショッピングセンター<フルルガーデン八千代>で花火観覧用の食料や飲み物を買いに行くのもありです。フルルまでの道沿いには、牛丼の<すき家>や<マクドナルド>がありますし、フルルがある16号線方向とは、逆に新川大橋通りを行くと豚骨ラーメンが美味しい<こてメン堂>や和食料理の<味の民芸>があり、もう少しだけ歩くと美味しいパスタが食べられる<五右衛門>もあります。

少し遠いですが、<道の駅やちよ>からも花火を観覧できます。花火の打ち上げ場所から距離はありますが、新川が道の駅まで続いていますので、視界を遮るものがありません。遠景の花火を楽しみたい方にはうってつけの観覧スポットです。駐車場代は無料で100台ほどの駐車が可能です。隣接する農場交流センターにも100台程度の駐車場があります。

<メガ・ドンキホーテ>八千代16号の屋上からも花火が良く見えます。トイレもありますし、駐車台数も651台ととても多いです。こちらも食べ物や飲み物をすぐに手配できるので、ゆっくりと落ち着いて花火を見ることができますね。トイレもあるのでお子様がいても安心です。

飯綱近隣公園や村上第一公園、桑納川公園などの観覧スポットのありますが、地元の方達が行かれるスポットで、それぞれ大きな公園ではないので、あまりお勧めはしません。

2024八千代ふるさと祭りの穴場駐車場は?

小さなお子様がおられる方で、どうしても車で八千代ふるさと祭りに行かれる方に、穴場駐車場の情報をお伝えしていきます。まず最初にお勧めしたいのが、会場から徒歩10分程度にある国道16号線沿いの<フルルガーデン八千代>です。

イトーヨーカドーとユニクロやスタバ、100均のダイソー、コジマ電気、スポーツ大型用品店のゼビオなどの専門店からなる中型のショッピングセンターです。以前は2つの建物があり、一つがイトーヨーカドーで1つが専門店でしたが、今現在は、1つの建物にお店が集約され、もう一つの建物は解体され、今は大規模マンションが建設中です。

1つの建物になった事で駐車台数も減ってしまいましたので、もしこの駐車場利用を考えておられるのであれば、お昼前までには、現地に着きたいですね。以前は屋上、駐車場を花火の観覧場所として開放していましたが、2024年は開放されるのか?情報を入手次第お知らせします。

他には、穴場観覧スポットで紹介した<道の駅やちよ>や<メガ・ドンキホーテ>にも駐車場がありますので、車をとめてそのまま観覧出来ます。

もう一つのとっておきは、電車で2駅移動する事になりますが、東葉高速鉄道の<八千代緑が丘駅>前にある<イオンモール八千代緑が丘>店です。3時間までは無料ですし、お買い物をすれば更に駐車時間は増えます。2駅の電車移動になりますが、近隣の規制や混雑を考えると、ここに駐車するメリットはあります。

今までご紹介した観覧スポットは、当然花火が終わった後に、皆が一斉に帰宅するので渋滞が発生します。この帰りの渋滞を避ける為には、<イオンモール八千代緑が丘>店に車を駐車する選択肢もありですね。

どこから観覧し、どこに駐車するにしても早めの時間に行かれることをお勧めします。今からふるさと祭りの花火を見るのが待ち遠しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました