PR

アクセス良好お勧め千葉県ゴルフ場は?東京湾CCの特徴やアクセスも!

スポーツ

アクアラインを利用して行く千葉県のゴルフ場の中では、一番近い場所にあるゴルフ場の一つが『東京湾カントリークラブ』です。このゴルフ場、最大の特徴は3つの9ホールコースがある事で、他のゴルフ場よりも数多くの組がプレーできるという事です。

東京湾アクアラインの浮島JCTから車で約25分ですので東京方面からのアクセスは抜群に良いです。そんな東京湾カントリークラブについて、コースの特徴やアクセス方法の詳細をお伝えしていきます。

 

 

東京湾カントリークラブは多彩なコースレイアウト

『久保田』『蔵波』『長浦』の3つのコースがある『東京湾カントリークラブ』です。コースのローテーションは決まっていて長浦コーススタートの場合は→後半が久保田コース、久保田コーススタートの場合は→後半が蔵波コース、蔵波コーススタートの場合は→後半が長浦コースを回ります。各コースのプレー進行状況によってはイレギュラーで違うコースになる場合も稀にあるそうです。それぞれのコースの特徴をお伝えしていきます。

久保田コース

前半から中盤の6ホールは、2番ホールのショートを除くとすべてドッグレッグのパー4とパー5になります。ショートホール2ホールは、両方とも池越えになりますので、ピンの奥めから攻略しましょう。グリーン周りは、全ホールガードバンカーがありますので、サンドウェッジの出番が増えるコースかもわかりません。

蔵波コース

池とクリーク越えのパー3からスタートする蔵波コース。前半から中盤の6ホールまでは、池がらみのホールが多く7番ホールからの3ホールはドッグレッグホールが続きます。1番ホールと3番ホールのショートが、蔵波コースでは難易度が低いのでこの2ホールではボギー以上のスコアで上がりたいですね。

長浦コース

ストレートなホールが多い長浦コース。3番のミドルホールは、セカンド地点にクリークがあるコース最難関のホールですのでティーショットがスコアに大きく影響するホールです。5番ショートホールは池越えで、しかもグリーン周りはすべてバンカーというレイアウトです。9ホール中、池が絡まないホールが2ホールのみというのが長浦コースの特徴です。

東京湾が近いコースですので、風が強い日も多いので距離や、打ち出し方向には注意しましょう。土日は混みますので、各ホールで待たされる事も多いかもわかりません。

都合がつくのであれば、平日に行きたいゴルフ場です。土日のプレーは3時間程度は覚悟しましょう。3つのコース全て7番ホール以降は、ナイター設備がありますので、日没の心配は少し和らぎますね。27ホール中、池が絡むホールは16ホールのあり、バンカーも全部で97も配置されています。

東京湾カントリークラブの施設は?

練習場はありますが、距離が短く125yd以上の飛距離が出るクラブは使用できません。男性であれば、ウェッジから9番アイアンまでの練習になりますね。長いクラブを使いたい方は、前日までに練習をしておきましょう。クラブハウスも改装後は、とても綺麗になったと評判です。料金は平日であれば10,000円以下で回れますが、やはり土日のプレー代は高く15,000円程度は掛かるプランが多いです。

東京湾カントリークラブのアクセス方法は?

東京湾アクアライン浮島JCTから車で約25分と、アクセス抜群です。千葉に渡って館山自動車道の姉崎袖ケ浦ICより5㎞程の距離になります。電車で行かれる方は、JR内房線の『長浦駅』下車、南口からタクシーで約5分、クラブバスの出ていて7時20分発から9時20分まで6本出ています。

まとめ

東京湾カントリークラブは、初心者であればチャレンジ精神を持って回りたいコースです。東京や神奈川方面からのアクセスは抜群に良いです。また27ホールありますので、回るコースのバリエーションが3つある事で複数回行っても、常に新しい発見があるゴルフ場です。池が多いのでボールはいつもよりたくさん持って行きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました