PR

2024年台風1号はいつ頃発生?進路予報や日本への影響を調査!

お役立ち情報
xr:d:DAGCL_Ec8OE:2,j:1782724170005423754,t:24041207

2023年までのデータによると、平均的な台風1号の発生日は5月11日です。しかし、今までで最も早い発生日は1月20日(1951年)、最も遅い発生日は7月20日(1971年)と、その年によって大きく異なります。

2024年の台風1号の発生時期は、一体いつ頃になるのでしょうか?気象庁やお天気サイトなどの情報をもとに予想していこうと思います。

2024年台風1号はいつ頃発生?

最近よく耳にする<エルニーニョ・ラニーニャ現象>。このエルニーニョ現象が発生すると、台風の発生数が平年より多くなる傾向があります。一方、ラニーニャ現象が発生すると、台風の発生数が平年より少なくなる傾向があります。またその年の

海水温が高いほど、台風が発生しやすい環境になります。他には、上空の風の流れが強いほど、台風が発生しやすい環境になります。これらの要素を総合的に判断すると、2024年の台風1号は、平年より早い時期に発生する可能性が高く、具体的には、4月下旬から5月上旬にかけて発生する可能性が高いと考えられます。

2023年の台風情報は?

2023年の台風1号は、7月12日に発生しました。これは、観測史上2番目に遅い発生です。また2023年の台風発生数は、平年よりも少ない14個でした。そして2023年で最も強い台風は、台風14号で、9月に日本列島を直撃し、大きな被害をもたらしました。

2000年以降の台風まとめ

発生時期

2000年以降に発生した台風の情報をお伝えしていきます。1月に台風が発生した年は、8回あります。2014年には1月に2回発生した珍しいケースです。最も遅かったのは、2000年の5月に台風1号が発生しました。

発生回数

台風の数が最も少なかった年は、2014年の14個、逆に最も多かった年は、2013年の31個です。平均すると約26個の台風が毎年発生しています。6月から9月にかけての4ヶ月に発生回数が多いので、毎年のことながら台風シーズンは要注意ですね。

台風について理解を深めましょう!

台風は、日本を含む東アジア地域に甚大な被害をもたらす事がある、自然災害の一つです。近年、地球温暖化の影響により、台風の発生数や規模、強度が増加している傾向になっています。2000年以降、年間平均発生数は約26個で、1951年~2000年の50年間の年間平均発生数約25.7個とほぼ同程度です。

しかし、2016年には年間26個、2018年には年間29個と、発生数の多い年も見られ、年によってばらつきがあります。2000年以降、台風による被害額は、2004年の台風23号(トカゲ)による約1兆1700億円をはじめ、2018年の台風21号(ジェビ)による約1兆2600億円、2019年の台風15号(ファクサイ)による約7200億円など、甚大な被害が発生しています。

また近年、非常に強い台風(最大風速67m/s以上)の発生頻度が増加しており、2000年以降、非常に強い台風の発生数は23個で、1951年~2000年の22個とほぼ同程度ですが、2016年、2017年、2018年にはそれぞれ3個の非常に強い台風が発生してます。台風の被害を軽くするためには、自治体の情報収集と指示に従い、

避難場所の確認や避難準備を早めにする事を心がけて、家屋の点検や補強をしたり災害備蓄品の準備も必要です。また各自治体が出しているハザードマップの事前確認は必ずしておきましょう。

2000年以降、台風の発生数や強度、発生時期などに変化が見らています。4月から5月には発生すると予想される台風1号、今後も台風の最新情報に注意し、被害を最小限に抑えるための対策を事前にしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました