PR

パリ五輪ゴルフ日本代表は?松山英樹選手以外は6月までの成績で決定!

スポーツ

半年後に迫った2024年パリ五輪、様々な競技が行われますが、今回はゴルフ競技に目を向けてみましょう。競技会場はフランスの一流ゴルフコースで、フランスオープンも行われる『ル・ゴルフナショナル』です。

日本から出場できる選手は男女各2名づつで、選手が決定するのは6月の中旬です。アメリカの男子ツアーは、この時期がシーズン終盤戦になり、そこまで松山英樹選手が成績を残せなかった場合は出場自体の可能性もあります。

松山英樹選手は、2024シーズンは好調なスタートを切り、ジェネシス招待では2年振りの優勝を飾りました。その後も活躍して世界ランキングが12位になったので、このまま15位以内をキープすれば日本人選手は、3名出場出来るかもわかりません。

パリ五輪の出場枠は?

開催国のフランスには、開催国枠として男女各2名に出場枠が与えられます。出場人数は男女各60名ですので、残り58名の出場権が6月中旬の<オリンピックポイント>で決定します。ポイントランキング上位15位までは、各国最大で4名までが出場可能です。

現時点でのポイントランキング上位15名に、複数人が入っている国は、男子がアメリカ4名、オーストラリアと韓国そしてイギリスが各2名です。女子は、男子同様アメリカが4名、韓国が3名、中国が2名となっています。日本選手は残念ながら現時点では、この上位15位以内に該当する選手がいませんので、最大でも男女2名の出場となります。

6月までに目覚ましい活躍をする選手が現れて、ランキングを上げる事があれば、もしかしたら日本選手の出場枠が増える可能性もほんの少しだけあります。その可能性があるのは男子では、オリンピックランキング23位の松山英樹選手と今年からアメリカの男子ツアーに参戦して活躍が期待される久常涼選手(同28位)、女子ではアメリカの女子ツアーで活躍するオリンピックランキング16位の畑岡奈紗選手と日本国内の女子ツアーでもっか絶好調のランキング18位につけている山下美夢有選手です。6月までに活躍をしてランキングが上がることを期待しています。

パリ五輪男子の日本代表は?

若手が2024年シーズンで飛び抜けた成績を残さない限り、男子の代表2名は松山英樹選手と久常涼選手が出場濃厚です。この2名以外では、世界ランキング92位の中島啓太選手や同106位の星野陸也選手、同119位の蝉川泰果選手などが候補に上がっていますが2024年の大活躍がパリ五輪出場への必須条件になります。

パリ五輪女子の日本代表は?

オリンピックランキング16位の畑岡奈紗選手と同18位の山下美夢有選手の2名が、現在の代表候補としての最上位2名です。ここに割って入りそうなのが、世界ランキングでは1月の大会で好成績を収め、山下選手を抜いて19位にランクアップした古江彩佳選手です。

昨年からアメリカの女子ツアーで、コンスタントに成績を残しており、この好調をキープすればオリンピック出場もあるでしょう。他には、日本国籍を取得した世界ランキング26位の笹生優花選手や同35位の岩井明愛選手、同47位の西郷真央選手までが可能性ありではないでしょうか。

オリンピックランキング上位15名までに入る選手が現れれば出場選手が増える可能性も残されていますが、上位15名以上に3名が入ることは非常に難しいかも分かりません。15名以上に2名入った場合には、その2名が出場して3人目は出場出来ないからです。

ですので15名以上に3名以上入っている国、男子ではアメリカ、韓国、オーストラリアの3つ、女子はアメリカと韓国のみがこの特典(ランキング15位以内は4名まで出場可)を受ける事になります。

アメリカ男子で活躍する松山英樹選手と久常涼選手が、オリンピックまでに好成績を収めて、来年2025年のシード権を確実なものとしてオリンピックにも安心して出場してもらい、メダルを目指して欲しいです。ゴルフ競技は、8月1日から8月4日までの4日間が男子、8月7日から8月10日までの4日間が女子のスケジュールです。日本人選手の活躍に期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました