PR

2024大河ドラマひかる君へ瀧内公美は誰?出演作品や役どころは!

テレビ

2024NHK大河ドラマ<光る君へ>への出演が決まっている瀧内公美さん。アマゾンプライムのCMでは、バスの中で物思いに耽っている姿が印象的な彼女。そんな彼女の経歴や過去の出演作品の履歴、そして<ひかる君へ>での役どころを調査しました。

2024大河ドラマひかる君へ出演<瀧内公美>さんって誰?

瀧内公美さんは日本の実力派女優

瀧内公美は、1989年10月21日生まれ、富山県高岡市出身の女優。2012年に本格的に女優として活動を開始し、2014年に映画「グレイトフルデッド」で初主演を務めました。その後も、数々の映画やドラマに出演し、その演技力で高い評価を得ています。

そしてグラビアから女優へ

瀧内さんは、高校生の頃から地元・富山でグラビア活動をされていました。大学進学を機に上京し、大妻女子大学児童教育学部に入学。教師を目指し教員免許を取得しておられますが、自分が本当に進みたい道を見つめ直し、2012年から本格的に女優としての活動を開始されました。

初主演映画で高い評価

瀧内さんは、2014年に公開された内田英治監督の映画「グレイトフルデッド」で初主演を務める。本作は、高校生の頃から仲良しの4人の男女の10年間を描いた青春群像劇で、瀧内は、主人公の一人である、明るく快活な性格の「みどり」役を演じられました。本作で、瀧内さんは、瑞々しい演技で注目を集め、第36回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞されました。

多彩な役柄で活躍

瀧内さんは、その後も、数々の映画やドラマに出演し、その演技力で高い評価を得ている。2016年には、白石和彌監督の映画「日本で一番悪い奴ら」に出演し、ヤクザの妻役を演じて、第40回ヨコハマ映画祭助演女優賞を受賞した。

また、2017年には、河瀬直美監督の映画「彼女の人生は間違いじゃない」に出演し、主人公の一人である、複雑な家庭環境に育った女性役を演じて、第27回日本映画プロフェッショナル大賞新人女優賞を受賞した。

アマゾンプライムのCM以外にもENEOSや金鳥蚊取り線香のCMにも出演されていました。

独特の存在感と演技力

瀧内さんは、個性的なルックスと、何を考えているのかわからないような独特の存在感で、観る者を惹きつける力を持っている。また、役柄に合わせて、その表情や声色を自在に変化させる演技力も持ち合わせており、どんな役でも説得力を持って演じることができる。

2024大河ドラマひかる君へ<瀧内公美>さんの役どころは?

2024NHK大河ドラマ<光る君へ>での<瀧内公美>さんの役どころは、主人公『紫式部』の生涯に影響を与えた江本佑さん演じる『藤原道長』の2人目となる妻『源明子』役です。黒木華さんが演じる『藤原倫子』が本妻で『源明子』が妾妻とされていますが、これは父の源高明が政変で追い落とされ、幼くして後ろ楯を失った為で、立場は本妻の倫子に及ばず、後々は紫式部(まひろ/吉高由里子)の存在にも鬱屈がたまっていく。、という役どころになっています。

主な出演作品

  • 映画
    • グレイトフルデッド(2014年)
    • 日本で一番悪い奴ら(2016年)
    • 彼女の人生は間違いじゃない(2017年)
    • 火口のふたり(2019年)
    • カゾクデッサン(2020年)
    • 花束みたいな恋をした(2021年)
    • 裏アカ(2021年)
    • かぞく(2023年)
  • ドラマ
    • ブサイクの神様(2015年)
    • セルおつ(2017年)
    • 凪のお暇(2019年)
    • さまよう刃(2021年)
    • 緊急取調室第4シリーズの第六話(2021年)
    • 邪神の天神(2022年)
    • 大奥シーズン2<幕末編>(2023年)

受賞歴

  • 第31回日本映画批評家大賞 主演女優賞 作品<由宇子の天秤>
  • 第40回ヨコハマ映画祭助演女優賞(2016年)
  • 第27回日本映画プロフェッショナル大賞 新進女優賞(2017年)作品<彼女の人生は間違いじゃない>
  • 第93回キネマ旬報ベストテン 主演女優賞(2019年)作品<火口のふたり>
  • 第41回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞 作品<火口のふたり>

コメント

タイトルとURLをコピーしました