PR

孤独のグルメ2023ロケ地は?目撃情報やネットの情報から推測!

テレビ

7年連続で大晦日に放送される事が決まった、<孤独のグルメ2023年大晦日スペシャル>の放送が発表されました。テレビ東京系列で12月31日(日)の22時から放送されます。<どうする家康>では、家康の家臣<石川数正>役を演じていた<松重豊さん>60歳が扮する、輸入雑貨商を営んでいる井之頭五郎(いのかしらごろう)が、仕事先で美味しいグルメに出会うストーリーです。

番組表には、南国リゾート沖縄編と出ました。井之頭吾郎、南へ逃避行 <探さないでください>というタイトルが発表されました。

孤独のグルメ2023年のロケ地は?

現在、<X>などで情報が上がっているのが<沖縄県>の宜野湾市と台湾の台北饒河街夜市の2ヶ所で松重豊さんのロケと思われる目撃情報が上がっています。

沖縄での目撃情報では、松重さんがスーツ姿だったそうですので、この情報はとても有力ではないでしょうか。

一方、<台湾>の台北市でも同様にスーツを着た松重豊さんが米粉湯(ビーフンタン)の屋台に座っている写真や、鞄を小脇にかかえて夜市を歩いている様子などが収められていたそうなので、<台湾出張編>も考えられます。

孤独のグルメ2023年で紹介される料理は?

ロケ地が沖縄の場合、どんな料理が紹介されるのか?推測してみましょう。

ロケ地が沖縄であれば、当然沖縄の料理が紹介されるでしょう。家庭料理であれば<ゴーヤチャンプル>や<沖縄そば>ですが、屋台でのロケであれば、<ラフテー><ティビチ><タコライス>などが紹介されるのではないでしょうか。沖縄料理は、島とうがらしや柑橘系の果実<シークワーサー>などを使う独特の料理が多いです。この中の料理は必ず紹介されるでしょう。

ロケ地が台湾の場合、どんな料理が紹介されるのか?推測してみましょう。

台湾料理は、中国本土<福建省>の影響を受けている料理が多く、また四方を海に囲まれているので海鮮料理も有名です。日本でも有名な魯肉飯(ルーロー飯)や牛肉麺(ニューロー麺)、そしてみんな大好き小籠包(ショウロンポー)、他には<カキの炒め物>や排骨飯(パイコーハン)などが紹介されるかもわかりません。もしかしたら<臭豆腐>に挑戦する可能性もありますね。

屋台系ですと胡椒餅(フージャオピン)は前半で食する流れですね。他にもスィーツであれば、マンゴーかき氷やタピオカミルクティー、豆花(ドウファ)あたりが妥当なスィーツです。

松重豊さんの経歴は?

井之頭五郎(いのかしらごろう)役の松重豊さんの事についても少し触れてみましょう。

1963年生まれの60歳、福岡県出身で身長は188cmで血液型はO型です。身長はもっと高いイメージがあります。明治大学文学部に入学後は、東京を拠点に演劇活動を始めます。1996年には、蜷川幸雄主宰の『蜷川スタジオ』に入団。蜷川作品の常連俳優として活躍し、舞台俳優として確固たる地位を築きます。

2012年には、ドラマ「孤独のグルメ」で井之頭五郎役を演じ、一躍人気俳優となりました。この役で松重さんは、寡黙でマイペースな中年サラリーマンの生き様を、ユーモアと共感をもって演じ、多くの視聴者の心をつかみました。「孤独のグルメ」以降は、ドラマや映画、舞台など、多方面で活躍しています。2022年には、NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演し、重要な役どころを演じています。

松重さんは、演技だけでなく、その独特な存在感やキャラクターでも知られています。寡黙でクールな雰囲気の中に、どこか親しみやすさを感じさせる魅力があります。また、釣りが趣味ということもあり、自然と触れ合う姿も印象的です。

そんな松重さんのエピソードとして、以下のようなものが挙げられます。

  • 蜷川幸雄とは、松重さんが大学2年生のときに蜷川作品を観て感銘を受け、蜷川に直接手紙を送ったことがきっかけで出会いました。
  • 「孤独のグルメ」の撮影で、井之頭五郎が食べる料理を実際に食べるために、撮影前に試食をしていました。
  • 2023年、自身のYouTubeチャンネル「松重豊のTIMELINE」を開設し、旅の様子や料理の作り方を公開しています。

年末スペシャルのロケ地情報は、発表されましたらこの記事内でお伝えしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました